気軽に遊びに来てください!

BOZZ SPEED/ボズスピード > BOZZレターバックナンバー > 2017-1015号 車高調整のお話

2017-1015号 車高調整のお話

BOZZ SPEEDが発行するメルマガ
 「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

「ボズレター2017-1015号 BOZZ LETTER Ver.2017-1015
ボズレター2017-1015
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2017年10月15日号
ウエブサイト http://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃目次
┃◎車高調整のお話
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このところずっとずっと雨に祟られて、
セッティングが思うように進まない久田です。
それでもこの1週間に3台仕上げたのですが…
ブーストアップくらいならまだいいのですが、
タービン変更とか入ってるとかなり命がけです。
少しでも晴れ間が見えてくれるといいのですが…

仕上げた3台のうちの1台のお客様からは、
わざわざご帰宅後と、その翌日にお電話をいただきました。
「こんなに速くなるとは思いませんでした。満足しております」
という、チューナー冥利に尽きるお言葉をいただきました。
ありがたいことです。
もっともっと頑張ります。

と…このように、
毎日のようにお客様の車両を運転している久田ですが…
装着されているちょっとしたパーツに
お客様の好みや工夫が見られて楽しいことも多いです。
なかには、なるほどなぁ…と、
感心してしまうくらいの工夫もあります。

逆に困ってしまうものとしては、
極端に黒いリアウインドウでしょうか。
サイドウインドウなら開ければ済むことなのですが、
リアウインドウはそうも行かず…
セッティング中に、後方に、
可愛らしいパンダさんがいたりするとかなりよろしくないのです。
スイッチひとつで
ひかりの透過率を変えられるウインドウとかあるといいですね。
今の技術なら簡単にできそうですが…
やっぱりコストの問題でしょうねえ。

また、これは久田の好みですが、
シフトレバーはやはり球形に近いものが運転しやすいです。
極端に長い棒状のものや、
ガングリップタイプ(昔流行りましたね)のものは
個人的には使いにくく感じます。
シフトノブはいろいろな方向から握ることになりますので、
やはり球形がベストだと思うのですが…
レブスピードさんでレーサーさんにインタビューしてくれないかなぁ。
“俺の好みのシフトノブはこれだ”みたいな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎車高調整のお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、今回のメインのお話ですが、
今月末から12月末まで、
恒例のサスペンションキャンペーンやります。
HKS、トラスト、ブリッツ(あいうえお順、(笑))の
サスペンションキットご購入の場合、
取付工賃、アライメント調整が無料となります!

ということで、今回は車高調整のお話です。

ネットや雑誌を見てみると…
本当にたくさんの種類の車高調整がありますね。
どれを選んでいいのか
まるっきりわからないという方も多いと思います。
では、そんな何もわからない方向けの、
久田の独断的な情報をお伝えします。
あくまでも私の意見ですからね!

まず。10万円以下のものと、
30万円以上のものをバッサリ切ってしまいましょう。
10万円以下の車高調整はダメなのか? と言われると、
全てに乗ったわけではありませんので
言い切ることは難しいのですが…
久田が乗ったり、触ったりしたものの中には
オススメできるものはありませんでした。

逆に、30万円を超えるものの場合、
当然のことながら素晴らしい性能のものがたくさんあります。
なら、なぜそれを勧めないのかというと…
今回お話しているのは、
“どんな車高調整を買ったらいいかわからない”
というユーザー様をターゲットとして話しているからです。
これが、筑波であと1秒、なんとしても詰めたいんだとか、
19インチのタイヤをCT9Aに履きたいのだけど、
走行性能と乗り心地のバランスを
なるべく高い次元でマッチさせたいんだ…
という希望であれば
30万円以上の車高調整をオススメすることも十分に考えられます。
近々アラゴスタさんに別注予定…これはこれで楽しみ!

しかし、今回の話は、はじめての車高調整。
もしくは、中古で車両を買ったら車高調整は付いていたけれど、
どんなコンディションだかわからないので
とりあえず新品にしてすっきりしたい。
という方をターゲットにしているからです。

おそらく、サス以外の部分もまだ煮詰まっていないと思います。
ならば、コストはなるべく低く抑えておきたいところですね。
ということで30万円以上のものは考えなくてもいいのです。
逆に言えば15~25万円くらいの価格帯に、
素晴らしい商品はたくさんありますよ?
と考えていただいて結構です。

次に、それぞれの車高調整がどんな性格を持っているかですが…
これはメーカー発表のスプリングレートを見てみましょう。
基本的に、スプリングが硬いほど
スポーツ色が強くなると考えていいです。(例外もあります)
街乗りを重視するのか、
サーキットを重視するのか、
考えがまとまっているのならば、
スプリングのレートから判断してもいいと思います。

ただし、固いスプリングのサスペンションは、
タイヤのグリップ力も高いものを要求します。
そして、柔らかめのスプリングならば、
あまりグリップの高いタイヤとの相性は良くないでしょう。
CTやGRBに265サイズのポテンザ71Rを履いて、
完全にストリート系の車高調整は…
ドタドタするクルマになりそうですねえ…
硬めのスプリングがほしいところです。

最後にメーカーの選び方ですが、
こればかりはチューナーさんに聞くことがよいと思います。
(通販嗜好の方は自力で頑張りましょう)
そのメーカーさんの特徴、フィーリング、
サポートの良し悪しまで説明してくれるはずです。

先日、とある車両の取り付けたばかりの車高調整から、
異音が出るという事態が発生しました。
その車両の点検修理を行う際に、
とあるメーカーのTさん。
(ウチじゃ有名人だよなぁ)
工具とスペアパーツガッツリ持って登場です。
モタモタしてる久田を尻目に、
ガンガン作業していきます。
すげえなぁ…○ストロの電動インパクトが素敵っ!
余談ですが、そのインパクトレンチ、
安いのになかなかみたいです。
久田も買おうかな…

結果、見事に異音の原因究明と修理ができたのです。
これねえ、なかなかいませんよ?
こんな面倒見の良いメーカーのスタッフ。

と、いうことで、久田は
“ここはアフターしっかりしてます!”
というメーカーの車高調整だけをお売りするようにしております。
15万から25万円のクラスですと…
HKS、トラスト、ブリッツですね
(あいうえお順…しつこい?)。

この3メーカーも色々特徴があるのですが…
タイプもいろいろ有るしね。
そのあたりは店で久田に聞いてくださいな。
飽きるまでご説明差し上げます。

ということで今回は宣伝臭いけど許してくださいな。
スプリングレートから正解を読み取るのは
他のメーカーさんでも、もちろん通用することです。
車高調整選びのヒントになればうれしいです。

最後に…以前話したとあるメーカーのお話。
知ってる人も多いかもだけど…
「この商材は10万前後でも売れるんですけど、
 あえて30万くらいに設定したんですよ。
 日本人って、ほら、高いといいものだと思うじゃないですか」
なんてほざく根性ぐされもいるのです。
絶対そんなメーカーのものなんか売らないけどね!!!

あ、忘れてた!

11月5日のアムクレイド走行会。
そろそろ申し込みに来てくださいね。
今回はギリギリの方はお断りしなければならない可能性が高いです。
以前は3日前でも大丈夫だったのに…
とか言ってもダメですからね!
はじめての方ももちろん歓迎です。
サーキット初心者でもぜんぜんOK。
楽しく気楽なイベントです。
奮ってご参加ください。

それではまた次号で!!

BOZZ SPEED/ボズスピード
URL:http://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Twitter
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Share on GREE
LINEで送る