気軽に遊びに来てください!

2014-1123号 ダウンフォースのお話

BOZZ SPEEDが発行するメルマガ
 「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

「ボズレター2014-1123号 BOZZ LETTER Ver.2014-1123

発行日:2014.11.23.

ボズレター2014-1123

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2014年11月23日号
ウエブサイト https://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんばんは!!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃目次
┃◎ダウンフォースのお話
┃◎編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はい、今回もこんばんはです。

現在土曜日の午後5時。

お客様の波がさっと引いた瞬間に書き始めています。

今日もたくさんのお客様がいらっしゃいました。
ありがたいなぁ…

新規のN妻さんは、久田の5個下の方ですが…

「もう50代だし、やんちゃな車に乗れるのも
 これが最後かもしれないから、いろいろやるぞ!」

と、マフラーと車高調整をご注文頂きました。

いやいや、まだまだですよ。

久田なんか、いまだにアレかって、ここをこうして…
と毎晩ベッドで考えています。
最近、ドリ車なんかも欲しかったりして…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ダウンフォースのお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて!

今回のネタですが、
ウイングとフロントのスポイラーに関してお話しましょう。
あ、サイドステップもおまけで少し話します。

まず、皆さんおなじみのGTウイングに関してですが、
チューニングショップとしては、
ボズスピードはかなりGTウイングの装着率の低いショップです。

なぜって…

もう、このメルマガをずっと読んでいる方なら
だいたい想像できますね。

費用が、めっちゃ高く付いちゃうんだもん…

GTウイングは、
リアのダウンフォースを得ようとする場合には
とても効果的なパーツです。

サイズと形状によりますが、
もういいから!!
というくらいに強烈にダウンフォース得られます。

また、調整も簡単ですね。
角度などをいじることによって、
ダウンフォースの料も簡単に調整できます。
見た目もカッコいいですね。
レースカーのようなイメージに仕上がるでしょう。

でもね…

実はかなり厄介なパーツでもあるのです。

強烈なダウンフォースが発生させられるということは、
裏を返してみれば、
取付部がしっかりしていなかったら
大ダメだということなのです。

時々見かけますが、
トランクに穴を開けて、
GTウイングを自分で取り付けてしまった…
その結果、
ものの見事にトランクが凹んでしまっている車両もあります。
そりゃ凹みますよ…
何10キロ、ヘタすれば何100キロって荷重かかるのですもん。

ということで、
GTウイング取り付けの際は、
トランク内部に、
相当しっかりとした骨組みを組まないとダメなのですね。
重量増になってしまうと元も子もないので、
だいたいアルミで組むのですが…
これが結構予算がかかります。

これが、久田がGTウイングをあまりお薦めしない理由のひとつです。

そしてもうひとつの理由は…

ダウンフォースって、
当たり前の話なのですが、
リアだけ増やしてもダメなのですね。

リアのダウンフォースが増えるということは、
相対的にフロントを押し付ける力が低下するという事にもなります。
簡単にいえばアンダーステアになりがちなのです。

ところが、フロントのダウンフォースというものは、
なかなか稼ぐのが難しい物なのです。
フロントのスポイラーや、バンパーの形状、
アンダーパネルの追加やカナードの装着などで
増やすことも出来ますが、
それもGTウイングの強烈なダウンフォースに比べれば
微々たるものになってしまうのです。

結果。

リアは純正のウイングでかなり稼げるんだからそれでいいじゃん。

という結論になることが多いのです。
これが久田がGTウイングをあまりお薦めしないもうひとつの理由ですね。

ただし、車両のリア部分というのは、
比較的軽量化が容易な部分でもあります。

トランクをカーボン製のものに交換したり、
トランクを持ち上げるためのスプリングを外したり、
リアウインドウを樹脂に交換や、
K藤さんのようにリアドアをカーボンに交換してしまう強者もいますね。

このような車両の場合、
軽くなった部分をGTウイングのダウンフォースで
補ってやるという考えは正しいと思います。

もちろん、低スピードでは
ウイングによるダウンフォースはあまり強く発生しませんので、
サスペンションを含めたセッティングは必要になります。

さて、続いてフロントのダウンフォースに関してですが、
先ほどリアのところで説明しちゃいましたね。

まぁ、そんな方法があります…
って、この原稿。自動車雑誌だったらぶっ飛ばされますね。
まぁ、もっとひどい原稿載せてる本もあるか…

嫌味はさておき!!

フロントのダウンフォースは稼ぎにくいのです。
しかし、うまく稼いであげると…
筑波の最終コーナーなど、見違えるようになります。
富士だったら全コーナーでバリバリに効くでしょうね。

よっしゃあ!

俺もフロントのダンフォース稼いでタイムアップだぜええ!!

と、考えるのはちょっと早いのです。

フロントのダウンフォースを稼ぐ方法のうち、
かなりのパーセンテージが、
“街乗りがきつい”
車になってしまう可能性が高いのです。

フロントリップを下げれば、
ちょっとした段差でこすってしまいます。
カナードを効果的に装着すると、
検問では効果的におまわりさんにアピールしてしまいます。
(早い話が切符切られちゃいます)

アンダーパネルを装着すれば、
オイル交換が大変で久田が泣きます…

あ…これならまだいいか…

ということで、アンダーパネルの装着。
これはなかなかいい方法ですね。
確かにメンテナンスが大変になるなどの
デメリットも有りますが、効果も大きいです。
もちろん、ただ取り付けりゃいいってものでもないですが…

効果的な取り付け方に関しては、
店で久田に聞いてください。

ここにはちょっと書けないグレーな部分もありますので。

また、カナードも、整備不良にならない範囲で、
効果的なものもあります。
これもぜひ聞いてください。
まぁ、バンパーとセットになってしまう場合も多いのですが…

話は戻りますが、
このようにうまくフロントのダウンフォースが得られれば、
リアのウイングもリアリティが出てきます。
本気で空力の相談をしましょうかね。

さて、最後にサイドステップに関してですが…
効果も若干認められるものの…

ぶっちゃけ純正以外は付けないでください。

リフトにかけにくいくらいは頑張りますが…
サーキットでのメンテナンス性が悪くなりすぎます。

タイヤ交換すら難しくなることもあるのです。
タイヤが外しにくいということは、
パッド交換が難しく、ブレーキのエア抜きが難しく、
車高の調整が難しくなります。

そんなことに時間をかけているうちに
走行時間終わっちゃいますね。

もちろん、ストリートメインで、
“俺は見た目に生きるんだ!”
という方は全然問題ありませんが…
サーキットで腕を磨こうと考えているならお薦めしません。

とまぁ、いつもの様に駆け足で
空力の説明をさせていただきました。

興味を持たれた方は、
ぜひともダイレクトに聞いてください。
でも、話長くなりますよ~~。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さてと!!

それではまた次号で。

そろそろ忘年会の予定も決まります。
さらに明日はおでんです!!
連絡来てねーよ!!
と怒る方もいらっしゃると思うのですが…
ごめんね;;

結構前から店では告知していたんですけど…
もし来られる方がいたら、
11時にボズに集合ですよ~~
Mシェフが手ぐすね引いて待ってます。

だれでも参加OKです!
お友達ももちろんOK!

参加費用はゼロですが、
自分の飲む分プラスアルファ持ってきてくださいね~

それではまた次号で!!

あ! いつものキーワードですね!!

“忘年会の申し込みに来ました!”

にします!

まだ日程決まってないけど…

それではまた!!!!

読者登録されている間、
新着記事をメールでお届け致します。
万一読者登録された覚えがない場合は、
お手数ですがinfo@bozz.co.jpまでご連絡ください。

BOZZ SPEED/ボズスピード
URL:https://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp