気軽に遊びに来てください!

2020-0802号 オイルクーラーのお話/外観リフレッシュのお話

BOZZ SPEEDが発行するメルマガ
 「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

ボズレター2020-0802号 BOZZ LETTER Ver.2020-0802

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2020年08月02日号
ウエブサイト https://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、おはようございます!

って、このボズレターが届くのは夜だと思うのですが…
今は、8月2日の朝6時半。早起きしてボズレター書いてます。

昨日から、やっと晴れてくれて、
暑さといういつもの敵は襲いかかってきたものの…
やはり仕事はしやすいです。
点検ひとつとっても、サスペンション周りが濡れていると、
ダンパーからのオイル漏れなのか、
それとも単に濡れているだけなのか、
見ただけではわからないことも多いのです。
濡れたタイヤを外すときに、
重たいホイールの場合はお腹で支えることもあるのですが、
じんわりとツナギのお腹部分が濡れてくるのは嫌なものです。

カラッと晴れてくれれば、そんな苦労もありません。
毎年のことですが、熱中症に気をつけて、
安全に、確実な作業をしたいと思っております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎オイルクーラーのお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タイムラインにも書きましたが、
このところオイルクーラーを注文してくださるお客様が増えております。
いつも書くことですが、
パワーは上がりませんし、ハンドリングも変わりません。
しかし、エンジンの寿命は間違いなく伸びます。
また、サーキット走行をする場合は、
当然のことながら連続走行できる時間が長くなります。
と、いうことは、より効率のいい練習走行ができるということですね。
結果的にドライバーのレベルの向上、スピードもあがります。
つまり、オイルクーラーは、エンジンに優しい存在でありながら、
サーキットのラップタイムを向上させる可能性のある
チューニングパーツということにもなります。

先日、TさんのVABにオイルクーラーを取り付けさせていただきましたが…
作業途中や、完成状態の写真をラインでお送りしたところ…
「かっこいいです!」とのお返事もいただきました。
うん…本来の目的ではありませんが、
ドレスアップパーツにもなるようですね。
確かに、バンパー開口部から覗くクーラーコアはかっこいいですねえ。

ちなみに、久田は、オイルクーラーを装着するときのポリシーとして、
ホースなどの熱対策を、
オイルクーラーメーカーの指示以上に入念に行っております。
もちろん、メーカーとしてはきちんとテストを行っていると思うのですが…
少しでも不安を感じるところ(エキマニにホースが近いとか)には、
独自に断熱材を巻いたりします。
これは、オイルクーラーだけでなく、キャタライザーの装着時も同様です。
久田がキャタライザー取り付けたスバル車にお乗りの方…
エンジンルームを開けてクラッチのマスターシリンダーあたりを見てみてください。
銀色の断熱材がクラッチラインに巻いてあるはずです。
無用なトラブルを防ぐためのものです。

納期の点などで、お客様には多大なご迷惑をおかけすることもございます。
しかしながら、どんなに急ぐことはあっても、
手を抜かず、わずかでも良いと思うことは行っております。
作業が遅くてごめんなさい…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎外観リフレッシュのお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、最近、数台のお客様の外観リフレッシュをさせていただいたのですが…
内容的には単純にボディを磨く…という作業や、
割れたボディパーツ(バンパーなど)の修理を行った上で磨く。
もしくは、塗装が完全に逝ってしまった部分は塗り直し、その他の部分は磨く。
と言った内容です。
これ、気持ち悪いくらいに綺麗になりますよ?
作業はもちろん、プロの板金屋さんにお願いするのですが、
驚くほど綺麗になります。
常連の皆様はご存知かもしれませんが、
いつもパテの粉で真っ白になっている“超絶職人”Wさんの仕事です。
Wさん、いつもありがとうございます!

車両のボディのメンテナンスを行うショップは多いと思うのですが…
久田がオススメしたいこのリフレッシュは、
鈑金屋さんの手によるものだということが大きなポイントです。
色あせてしまったルーフ。
変色してしまったカーボンパーツ。
割れたバンパー。
場合によっては雨漏り
(あ。。。これは久田とスバルマンのクルマ…)なども同時に直して、
さらに磨き上げてもらうというところがメリットですね。

前のメルマガにも書きましたが、
久田はボディのガラスコーティングに関しては懐疑的です。
ボディにガラスの膜なんかできるわけ無いじゃん…といまだに思っています。
Wさんも磨いたあとにコーティングを行いますが、
これは汚れが付きづらい状態が自分で行うワックスやボディコートよりも長く続く…
位のイメージで良いと思います。
ただ、見た目はものすごく変わります。

信じない? うーん…久田のアクセラ。
マツダ3に2.2リッターのディーゼルエンジンが乗らないものだから、
買い替えを諦めて長く乗ることにしました。
そこで…車高調整を新品に交換し、ブレーキローターとパッドも新品にしました。
そしてタイヤ交換。久田には贅沢すぎるレグノの19インチです。
さらにバッテリーも先日交換…
これ、マツダさんに聞いたら45000円くらいかかると言われ…
泣きながら自分で交換しました。
最近の車ってバッテリー交換ひどく面倒なのです。
特にアクセラ…バッテリー交換後のいろいろな設定の面倒なこと…
まぁ、やりましたけどね。
ということで、機械的にはリフレッシュしましたので、
外見もWさんに磨いてもらおうかなぁ…
ピカピカに仕上がったら皆さんに見せびらかそうかな。

話は少しそれますが、皆さんにはダンパーの寿命は4万キロ!
とかプレッシャーばっかかけておりますが、
久田のアクセラ。医者の不養生で5万キロほど使ってしまいました。
当たり前の話ですが、交換してびっくり…
乗り心地もハンドリングも別物です!
もちろん、タイヤを交換する前に車高調整だけ交換しておりますので、
純粋に比較できています。
やっぱりどんなものにも寿命ってあると再実感です。
いいか? 久田よ…ダンパーの寿命は4万キロだぞ!
(はい、ごめんなさい)

話をもとに戻します。ということで、ボディのリフレッシュ。
ぜひとも久田に相談してください。
もちろん、同時にバンパー交換したいなどというオーダーもOKです。
サイドステップは基本大嫌いだから聞こえないふりするかもしれませんが…
てか、かっこよくて整備性の良いサイドステップなら大歓迎なんですけどね!

また、昨年大好評だった…シートの丸洗いマシン。
今年もレンタルすることが決定いたしました。
布シートの場合…数年間洗濯していない服と同じですからね…
このマシン、洗ったあとの水がマシン内に貯まるのですが、
その汚れを見たら…卒倒しそうになりますよ?

ということで、梅雨も開けましたし、さっぱりとリフレッシュいたしましょう! 

これでコロナがさっさといなくなるか、特効薬でもできればいいのですけどね…

ともあれ、感染予防をしっかりして、健康に過ごしてくださいね! 
あ、10日のアムクレイド。まだギリ間に合います。
参加希望の方は電話かラインで良いので久田まで連絡ください!

それではまた次号で!!


BOZZ SPEED/ボズスピード
URL:https://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp