気軽に遊びに来てください!

BOZZ SPEED/ボズスピード > BOZZレターバックナンバー > 2016-1113号 アムクレイドでのトラブルのお話/ええっという作業のお話/動的なアライメント~宿題です

2016-1113号 アムクレイドでのトラブルのお話/ええっという作業のお話/動的なアライメント~宿題です

BOZZ SPEEDが発行するメルマガ

 「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

「ボズレター2016-1113号 BOZZ LETTER Ver.2016-1113
ボズレター2016-1113
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2016年11月13日号
ウエブサイト http://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃目次
┃◎アムクレイドでのトラブルのお話
┃◎ええっという作業のお話
┃◎動的なアライメント~宿題です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日のアムクレイド走行会の参加者の皆様、
本当にお疲れ様でした!
大きな事故もなく、トラブルは…
まぁ、少しありましたが…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎アムクレイドでのトラブルのお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その中の一台はMさんのインプのオイル漏れ。
現地で原因はわかったものの、
パーツも工具も無いということで
諦めてレッカー搬送してもらいました。
店に戻ってリフトアップしてチェックしてみると…
オイルクーラーのフィッティングの緩みが原因でした。
4年半前に取り付けたオイルクーラーとは言え、
久田かなり悔しく、恥ずかしいです。
二度とこのようなことがないように肝に銘じるとともに、
24ミリの首振りのフレア…という、
分かる人にはわかるメチャレアな工具をオーダーしました。
今後、オイル交換時には、目視によるチェックだけでなく、
オイルクーラー周りの増し締めも
可能な限り行いたいと思います。
作業時間は多少長くなるかもしれませんが、
より安心して乗っていただけるための
お時間と考えていただければ幸いです。

もう一台のトラブルはK島さんのCT9A。
思いっきりクラッチが滑りました。
K島さんには「クラッチは時間の問題」と
何度も言っておいたのですが、
エビスでとどめを刺してしまうとは…
ちょっと滑り始めたくらいならば、
自走で帰れたのですけど…完全にやっつけちゃだめじゃん!
「最初は3速、4速で、滑ってただけなのよ~
 そのうち走らなくなっちゃった」
と笑いながら言うK島さんはたしかに豪傑ですがぁ!
クラッチは自己治癒しませんから!

みなさんも、なんとなく
エンジンの回転だけがあがってスピードが上がらないな、
などと思ったときにはすぐに久田に連絡してください。
自走できなくなってからでは色々つらいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ええっという作業のお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クラッチと言えば、
このところすごいシーンを連発で見てます。
I藤さんのCTは以前ディーラーさんで
クラッチ交換をしたとのことですが、
ばらしてみたらレリーズフォークという部品の
スリーブが入っていません。
エボのレリーズフォークはだめになりやすいので、
交換をしたものの、
スリーブが別部品だと知らずに入れ忘れた…
というのが99%の原因と思われます。
ディーラーさんでもこんなミスをするんですねえ。

そしてUさんのCTは、
中古で購入したものの
クラッチのフィーリングが良くないということで
交換のために入庫。
よく見てみたら…あれ??
本来プルのエボのクラッチがプッシュに作動変更されています。
中から出てきたのは“あの”メーカーのクラッチでした。
決して悪いパーツではありませんし、
使い方によっては素晴らしい性能を出すクラッチではありますが…
ストリートのエボには向きませんね。
なぜ、このパーツを組んだのか理解に苦しみます。
これが、600馬力以上発生するエンジンを搭載した、
サーキットをメインに走るエボだ…
というなら、このクラッチはその良さを
十二分に出せるかもしれませんが…

さらにいうと、クラッチフルードの通るパイプが
作動変更のために曲げられていたのですが、
かなり乱暴な曲げ方…
もう一度元に戻そうとすると
漏れの危険性が高いために新品交換しました。
さきほど理解に苦しむと言いましたが、
このパイプの曲げ方だけを見れば、
何も考えてないって事でしょう。

基本、他所様のあら捜しをすることはご法度と考えますが、
よほどのメリットがない限り、
乗りやすさ、扱いやすさ、気持ちよさ、コスト…
をメインに考えていくべきだと思うのです。
うーん、なんか、言いたいことは山ほどあるのだけど…
書いていて、あまり気分のいいものではないので、
この話はここらでやめます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎動的なアライメント~宿題です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、逆に嬉しかった話をひとつ。

昨日、車高調整を組み込んだK上さんから、
本日お電話をいただきました。
なにか問題でも起きたのかと少しビビり入りましたが…
「まだ全開で走れていないけど、
 とてもいいフィーリングだ。
 路面に吸い付くようだよ!」
との、分不相応なお褒めの言葉です。
喜んでいただけて何よりです。
アライメント修正時に、あと3ミリ、あと2ミリ!
などとやっているのをずっとご覧になっていて、
「そんなにシビアなもんなの?」
とおっしゃっていましたが…はい、シビアなんですよ。
また、トーがインに振られるとどうなるのか、
アウトになるとどうなるのか…
も説明させていただきました。
いつか時間があれば、
動的なアライメントに関してのお話もしましょう。

動的なアライメントってなんだ?
との質問が来そうですね。
では、今回は少し意地悪して宿題です。
私達の言うアライメント調整とは、
トー調整と、キャンバー調整がメインです。
やり方によってはキャスターの調整もできますが、
それは話が長くなるので店で聞いてくださいね。

さて、このトーとキャンバー。
静止状態で調整するのが当たり前ですが…
実際に走っているときにはどのようなデータになるのでしょう?

具体的な例をあげると、
ブレーキング時のトーは?
加速時のトーは?
どんなデータになっていると思いますか?
静止状態で、トーを前後ゼロゼロでとった場合の、
ブレーキング時のトー変化がどのようになるのか…
そして、このトー変化は車高と非常に密接な関係があります。
それはなぜなのか?
この2つに関して考えてみてください。
答えだけではダメです。
必ず理由も添えてくださいね。

ちなみに、これとまったく同じ質問を、
久田は25歳のときに、
運転の師匠格である亀田恒雄さんという方にされました。
いつもニコニコしながら、色々なことを教えてくれたなぁ…

ということで、
少しビタースイートメモリー状態の久田がお送りしました!
車高調整キャンペーンもバリバリやってます!!
どんどん問い合わせてくださいね!

それではまた次号で!

BOZZ SPEED/ボズスピード
URL:http://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Twitter
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Share on GREE
LINEで送る