気軽に遊びに来てください!

BOZZ SPEED/ボズスピード > BOZZレターバックナンバー > 2016-1002号 LSDのお話その2

2016-1002号 LSDのお話その2

BOZZ SPEEDが発行するメルマガ

 「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

「ボズレター2016-1002号 BOZZ LETTER Ver.2016-1002
ボズレター2016-1002
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2016年10月02日号
ウエブサイト http://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!
快適なラインから、
うっすら寒い方にシフトしているのではないかと思う
ボズスピードからメルマガをお送りします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃目次
┃◎LSDのお話その2
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ほんとーに!
ここにいると四季をダイレクトに感じられますよ。
良い職場ですね…くそ。
まぁ、しばらくは
気温にいじめられることはなさそうです。
どうせすぐに寒くなるのでしょうが…

先週末、GC8のエンジンオーバーホールのお仕事を
2件同時にいただきました。
ありがたいことです。
それにしても、
GC8のような年代の車を大事に乗ってくださるのは、
車屋としては本当に嬉しいことです。
なんでも、月までが38万キロだから、
そこまでは乗りたいのだとか…すっげーー!
月まで走ったGCかぁ…
このGC、現在の走行距離が30万キロですから、
これは絶対に月まで行きますね。
久田も微力ながらお手伝いをさせていただけそうです。
もう、ピストンやらガスケットやらは手配してありますからね!
頑張ります!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎LSDのお話その2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、前回に引き続きLSDのお話です。
前回、LSDがないと、
FRでのスポーツ走行は話にならない。
FFのLSD付きはくせがあるけど、
とっても面白いですよ。
それでは4WDはどうなるの?
というところまでお話しました。

LSDの無いFRだけど普通にスポーツ走行してるぞ?
という方もいらっしゃるでしょうが…
それは、よほどタイヤのグリップが悪いか、
コーナリング時の横Gが
さほどかからないくらいコーナー速度が遅いか、
あまりありませんがメチャクチャに
サスのセッティングが決まっているクルマかのどれかです。
ごく一般的なFR車でサーキットを走ると、
ほぼ間違いなくLSDの無い辛さを味わうことになります。
余談ですが、
LSDが装着されていない時代のF1もありましたね。
今? ごめんなさい、現在のF1、
久田はまったく興味が無いのでわかりません;; 

さて、いよいよ4WDにLSDを入れたらどうなるか?
という話をしましょう。
実はこれ…
1行で全て終わらすことも可能なのですが…
試しにやってみますか?

“LSDの入ってない
 勝てる4WDジムカーナ車両は
 久田の知る限りないです”

あー、終わっちゃいましたね。
この文章からすべてを察してください。
ではまた次号で!!

とかやると、N山に殴られるんだろうなぁ…
先日も忙しくて約束ドタキャンしたし…って、
殴られるの嫌なので、解説します。

上の、ジムカーナ車両云々ですが、
久田の知らないところで勝ちまくっている
LSDなし4WDもひょっとしたらあるのかもしれません。
でもまぁ、一般的ではないでしょうね。
例外的に言えばエボⅩの場合はその限りではないかもです。

ともあれ、ジムカーナのような、超タイトターンの場合、
LSDは猛烈に有効な武器となるということですね。
これは、そのままサーキットにも当てはまります。
例えば、筑波のコース2000であれば、
1コーナー、1ヘアピン、2ヘアピンでは、
絶対にLSD付きのほうが速いでしょう。
もちろん、セッティングが出ていれば…
という条件付きでもありますが。

ここで割り込みとなりますが、
今回のLSD話では、
あえてセンターデフの話は端折ります。
それ説明しだすとキリがないので…
詳しく知りたい方は店で久田に聞いてください。

話をもとに戻します。
これは筑波だけに限らず、
すべてのサーキットで、
タイトなターンでは絶対的にLSD付きの4WDは有利です。
では、具体的にどのようにおいしくなるのかというと…

まず、FR車の場合、
トラクションが増大するとともに、
きちんとLSDのセッティングが出ていれば
パワースライドでクルマの向きを
容易に変えることが出来るようになります。

そしてFF車の場合、
FR車以上にトラクションが増大することを感じ取れると思います。
フロントからグイグイ引っ張っていく感じですね。

もう、想像できると思いますが、
4WDの場合、前後にLSDを組むと、
この2つのメリットが同時に味わえるようになるのです。
パワーでリアを僅かに滑らせてクルマの向きを変えた後に、
フロントがグイグイ引っ張る…
無敵じゃないですか? これ。

ただし!!
こんな素晴らしいフィーリングを味わうためには、
条件をクリアしないと無理です。
下手をすると、LSDのデメリットである、
ステアリングレスポンスの悪さや、
アンダーステア、癖のあるハンドリングばかりに
悩まされることになってしまうこともあるのです。

大雑把に言うと、
LSDのセッティングとは、
効きの強さと、効きはじめのタイミング、
そして1ウェイなのか、1.5なのか、2ウェイなのか…
の3つになります。
この3つを、
“曲がる4WD”用のセッティングに
出来るか否かが大事なのですね。

お客さんには聞かせられないような
裏話をチラッとしてしまうと…

「ぶっちゃけ、
 筑波のヘアピンはサスなんか硬きゃなんでもいいから、
 LSDのセッティングがきちんと出てて、
 アクセルベタっと踏んだときにクルンと曲がって、
 あとはフロント引っ張ってくれりゃタイム出ちゃうよね…」

あーあ、書いちゃいましたが…
これは某有名レーシングドライバーと
久田が話していたときの彼のコメントです。
かなり乱暴ではありますが、
事実の要素が多いと思います。
ということで、前後にLSDを入れると、
猛烈にクルマのパフォーマンスは上がる。。。
と覚えておいてくださいね。

さっきお前が言っていた
曲がるためのセッティングってどうするんだ?
という質問もあるでしょうが…
それは店で久田に直接聞いてください。
なぜそうするのか、そうするとどうなるのか、
きちんとご説明差し上げます。

ちなみに、LSDの話をショップのオヤジとしたときに、
前述の3つのセッティングを変えるとどうなるのか?
と聞いてみるといいです。
競技をかじってるショップなら
必ずきちんと答えられるはずです。
もし答えられなかったら…
その店でLSDを組むのはやめたほうがいいかもしれません。

最後に、流石に前後にいっぺんに組むのは
予算的にしんどいという方も多いと思います。
どちらから入れるべきなのか…
これは悩みますねえ…
片側だけに入れると、それぞれ味わいが異なりますが、
面白くなることは事実です。
これもまぁ…店でコーヒーでも飲みながら
ゆっくり話しましょうか。
ご来店をお待ちしております~~

それではまた次号で!

あ!! そだ!
来月11月、3日間ほど臨時休業頂く予定です。
海外出張決まりました。
現地でのセッティング…
ガソリンのオクタン価が違うから怖いんですよねえ…
頑張ります!!

BOZZ SPEED/ボズスピード
URL:http://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Twitter
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Share on GREE
LINEで送る