気軽に遊びに来てください!

BOZZ SPEED/ボズスピード > BOZZレターバックナンバー > 2016-0807号 バッテリーのお話

2016-0807号 バッテリーのお話

BOZZ SPEEDが発行するメルマガ
「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

「ボズレター2016-0807号 BOZZ LETTER Ver.2016-0807
ボズレター2016-0807
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2016年08月07日号
ウエブサイト http://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃目次
┃◎バッテリーのお話
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

暑い日が続きますね…
ご存知のように、
夏のボズスピードは地獄です。
作業をしていると、
全く暑さは感じないのですが…
一息ついたところでクラっとしたり…
危ない危ない、
熱中症注意ですね。
集中していると余計に危なそうです。

休憩のたびに身体を拭いて、
顔を洗ってシャツを着替えています。
シャツが絞れるレベルになっていたり…
なんか、汚い…
もちろん、お客様のおクルマに乗るときは
きちんと着替えてますからね。
ご安心ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎バッテリーのお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、今回のネタですが…
かなり地味目のネタですが、
バッテリーの話行きます。
このところ、数台、
バッテリートラブルで入庫したもので…

まず、バッテリーに関して
理解していただきたいのは、
バッテリーは完全に消耗品ということです。
それと、これは完全に久田の個人的な意見ですが、
(バッテリーメーカーさんごめんなさい)
バッテリーに関して重要なのは、
高価なものを購入することよりも、
安いものでもいいので、
早いサイクルで交換するということです。

最近バッテリートラブルで
入庫した車両の共通点なのですが…
皆さん、高価なバッテリーをお使いなのです。
う~ん、これは高かっただろうなぁ…と思います。
購入する際に、ショップの方から、
こんなメリット、あんなメリットがあると言われて
購入されたようですが…
結局、必ず寿命は来ます。
さらに完全にあげてしまったりすると、
著しく寿命は短くなります。
1回もあげたりしなければ、
ベーシックなグレードのものでも
3年位は全然問題なく使えるものなのです。
ハイグレードなものを5年使おうとするなら、
ベーシックなグレードのものを
3年おきに交換したほうが
ずっと安く上がると思うのですが…

あ! ただし! メーカーにはこだわってください。
絶対に国内メーカーのものがいいですね。
海外メーカーでも
ボッシュとかは大丈夫だと思いますが…
聞いたこともないようなメーカーは避けましょう。
って、国内メーカー製のものもかなり安く買えますよ?

さて、トラブルの具体的な事例に関してです。
殆どのお客様は、
「バッテリーがダメだから交換して欲しい、
どこそこであがってしまって、
ジャンプコードで繋いでもらってエンジンかけてここまで来た」
とおっしゃいます。

しかし、本当にバッテリーそのものがダメな場合もありますが、
その他が原因のことも多いのです。
そして、バッテリー本体以外に問題がある場合、
バッテリーを交換しても
またすぐにあがってしまうことになります。

代表的なバッテリー以外の原因としては、
オルタネーターの不調があげられます。
発電しなくなればバッテリーが空になるのも当然ですね。
しかし、オルタネーターの不調の場合は、
車両のトラブルインジケーターが
点灯することになっています。
(つかないこともあります)

見慣れないエンジンチェックがついたら放っておかずに、
すぐに点検を受けてくださいね。
ただ、完全に壊れたわけではなく、
発電したり、しなかったり、
あるいは発電量が少ないということも十分に考えられます。
ともあれ、身に覚えがないのに
バッテリーがあがってしまった場合は
点検をうけることが大事です。

ちなみに、新品のオルタネーター…
強烈な値段します。
ダメだったら新品に交換してくださいね、なんて言うと、
あとから目の飛び出るような
請求書が行くことがありますので注意してください。
質の良いリビルド品もありますので、
お店に相談してみるといいですね。

さらにうちのお客様の場合に多いのは…
なんらかの常時電気が流れるデバイスが
取り付けられている場合です。
セキュリティシステムあたりが怪しいですね。
セキュリティはいざというときに
不心得者を撃退してくれる心強いものでもありますが、
その動力は電気。
長時間動作せたままにしておいて、
何週間もクルマを動かさない(発電させない)と、
バッテリーが弱ってくることも
十分に考えられます。
セキュリティを組んである場合、
なるべくマメにクルマを動かすようにしてくださいね。
あげくに、セキュリティによっては、
バッテリーを一度空にして、
その状態でブースターケーブルなどで繋いで
エンジンを掛けようとすると、
大音響で鳴り響くものもあります。
先日も、後ろでホーンがずっと鳴ったままの状態で
「社長! これどうやってとめるのですか!?」
と電話をかけてきた方がいらっしゃいましたが…
いや、Sさん…
そのセキュリティウチでつけたのじゃないのでわかりません…
そもそも、久田はセキュリティに関しては無知です…
余談ですが、SさんのGCは、
セキュリティを全部外して今週末納車予定。
もう鳴らないですね。
でも、車上荒しには気をつけて。

恐ろしいパターンとしては、
ご自分で取り付けた何らかの電気的デバイスが、
バッ直で取り付けられていることもあったりします。
これはあがるでしょ!!
あまり電気を食わないデバイスであれ、
常に流れてたらバッテリーあがりの大きな原因になります。
てか、自分で付けないでください;;
電気は怖いのです。
ご自分でつけたメーターが原因で
車両を燃やした方もいらっしゃいますからね!

とまぁ、ありがちな
バッテリーをあげる原因をいくつか書きました。
毎度毎度言うことですが、
よくわからんかったら久田に相談してくださいな。
それと、バッテリーは2~3年ごとに買い替えを推奨します。
思いの外高いものではありません。
あげたあとに出先で焦って買うときっと高いですよ?

さて、毎度毎度駆け足ですが、
バッテリーのお話を書きました。
ともあれ大事なのは、自分でいじらない。
定期的にクルマに乗る。
バッテリーを定期的に買い換える。
いざとなったら久田に相談。
それですね。
また、ボズの充電器は、
意外と賢いものらしく、
充電時にバッテリーの活性化もしてくれるようです。
すべての方に無償でお貸ししておりますので、
不安のある場合は遊びに来ている間に充電してくださいな。
死ぬほど暑いところで待つことになりますけどね…

さて、最後にちょっとしたセールです。
HKS製のCN、CP、CT用のGT2タービン。
2セットのみですが特価で出せます。
それとEVCが2セット特価品あります。
お気軽にお問い合わせくださいね。

それではまた次号で!
良い夏休みを!

BOZZ SPEED/ボズスピード
URL:http://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Twitter
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Share on GREE
LINEで送る