気軽に遊びに来てください!

BOZZ SPEED/ボズスピード > BOZZレターバックナンバー > 2016-0227号 燃料が薄い…というトラブルのお話

2016-0227号 燃料が薄い…というトラブルのお話

BOZZ SPEEDが発行するメルマガ
 「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

「ボズレター2016-0227号 BOZZ LETTER Ver.2016-0227

発行日:2016.02.27.

ボズレター2016-0227
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2016年02月27日号
ウエブサイト http://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃目次
┃◎燃料が薄い…というトラブルのお話
┃◎編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎燃料が薄い…というトラブルのお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、
セッティングにお預かりしたGDBに、
かなり危ないトラブルが発生していたので
ご報告いたします。

基本となるデータをECUに書き込み、
A/F計を取り付けて走りだしたところ…
圧倒的に薄いです。
ノッキングの兆候はないのですが…
データ的にひどく薄いのです。
ブーストの立ち上がりでは、
15や16というデータにすらなります。

これはおかしいということで、
ノーマルデータに戻し、
もう一度走行してみると…
やはり圧倒的に薄いです。
ということは、
データを書き込んだことが
原因ではなさそうです。

A/F計のトラブルも疑いましたが、
つい先日、
2台の車両のセッティングをしたばかりです。
それでも、
別のA/F計に付け替えても大差ないデータ…

これは明らかに
どこかにトラブルを抱えています。

燃料ポンプか、
レギュレーターか、
燃料フィルタか、
配管か…

話はそれますが、
10年位前かな…
某自動車雑誌で
“燃費向上委員会”
だったかな?
そんな名前の記事があったと
記憶しています。

色々なデバイスを取り付けたり、
工夫をしたりして、
燃費を向上させることは出来ないのか…
という前向きな企画だったと思いますが、
その中に登場するVWのゴルフだか、
ジェッタだかが、
猛烈に良い燃費を
記録できる車両だったのですね。
ところが、しばらくして、
燃料配管の潰れ…だかなんだかが
発見されたというオチだったのですが…
あぁ、記憶曖昧。
自分で書いた記事じゃないしなぁ。

ともあれ、
燃料配管が潰れていたから
ガソリンが薄い状態で走行し、
高燃費を奇跡的に記録していた…
ということですね。
これ、NAエンジンだったから
まだ良かったものの、
ターボエンジンだったら
いつエンジンブローしても
おかしくない状態です。

さて、今回のGDBですが、
調べていくと、
エアフロからの信号がなにかおかしいです…
たまたまあった中古のエアフロに交換してみると…
はい、綺麗に直りましたね。
ウソのようにまともなA/F値になりました。

しかし、これ…
エンジンのセッティングで
入ってきたから気づいたようなものの…
オーナー様が気づかずに、
ずっと全開走行していた可能性もあるわけです。
当然、どこでブローしてもおかしくないです。
壊れる前で本当に良かった。

などと書いていたら、
また同じようなクルマがっ!!

今度は
中古で購入したばかりというCT9Aです。
同様に薄いです…
GDBとは異なり、うっすら薄い…
という感じですが、
全開時のA/Fが
12台はちょっとおかしいということで
トラブルシュート…
はい、こちらもすぐに分かりました。
高回転で燃圧がバッチリタレています。
ポンプ周りが怪しいということで、
現在燃料ポンプを発注して納品待ちです。
こんな短い期間の間に2台です。

おそらく…
日本全国にいる車両のうち、
かなりの台数が同じようなトラブルを抱えたまま、
気付かずに走行していると
考えていいと思います。
危ないですね…

ちなみに、このCT9Aは
エボ7だったのですが、
エボ7特有のトラブルも
同時に発生しておりました。
水の侵入による
タービンアクチュエーターの固着ですね。
アクチュエーターはすでに
ほとんど動かない状態でした…
ということは、
燃料が薄い状態であるにもかかわらず、
ブースト圧は
際限なく上がってしまうということです。
これは、壊そうとしているに等しい状態です。

現在、セッティングもすべて終了し、
お客様に納車するのみです。
パワー的にも
タービンのヤレを考えれば上々な感じ。
たぶん満足していただけると思います。
ただ、猛烈な違和感があったのはブースト計。
この車両はお客様が中古車店から購入して、
そのままウチに入院となったので、
パーツはすべて前オーナーの選択だと思うのですが…
なぜかブースト計の目盛が
1.2キロまでしかないものなのです。
エボで1.2キロって…
ノーマル状態でも完全に振り切ってしまいますね。
なんでこのパーツを付けたのか理解に苦しみます。

プロでしたら、
この車両にこのブースト計を付けることは
ないと思います。
ボルトオンターボとかならいざ知らず…
おそらく、
これは前オーナー様が
ご自分で購入して取付したのだと考えられます。
配線処理などを見てもまず間違いはないでしょう。
まるっきり役に立たないものを
取り付けたことになりますね。
34度までしか表示しない
体温計を買ったようなものです。

これらの役に立たないパーツを
装着しているオーナー様と話をすると、
ほとんどの場合
「そうなんですか?知りませんでした」
という答えが返ってくることが多いです。
キツイことを言うようですが、
知らないのなら選ばないでください…
本当にお金の無駄になります。
久田も、わざわざ付いているものを
無駄だから交換してくださいとは
とても言いづらいのです。

メーターといえば…
久田はA/F計を取り付けることを
かなり強く推奨していますが…
A/F計がなくとも、
それと近い使い方ができるメーターがあります。
ブリッツのタッチブレインや、
トラストのタッチ。
もしくはレーダー探知機の一部にあるような
点火時期のデータを表示できるメーターをお持ちの方。
点火タイミングを見ていると、
A/Fのずれなどを発見できることがあります。
これはどうやるのかというと…
うちに遊びに来て久田に直接聞いてください。
こんな裏ワザ?を、
聞くことができるのも
ボズに遊びに来るメリットのひとつなのです。
(そこ!
 そんなワザ普通だろとか言わないように!
 特にB社のT口さんとかっ!)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、最後に、今回のメルマガ、
普段は日曜日に発行なのに、
なぜか土曜日に発行になりました。
これは久田が真面目に原稿を書いたからではなく。
実は担当編集N山が明日デートだから
一日早めてくれと言ってきたからなのですね!
と言っても、デートの相手は娘さん。
なんと、大学合格のお祝いをするのだそうです。
おめでとうございます!!
よかったね!!

あ!
アムクレイド走行会の申し込みが
そろそろ始まります。
4月3日。ヱビス東コースです!
初めての方でもぜんぜんOKの
気楽なイベントです。
ふるってご参加ください!
お待ちしております!

ではまた次号で!

読者登録されている間、
新着記事をメールでお届け致します。
万一読者登録された覚えがない場合は、
お手数ですがinfo@bozz.co.jpまでご連絡ください。

BOZZ SPEED/ボズスピード
URL:http://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Twitter
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Share on GREE
LINEで送る