気軽に遊びに来てください!

2014-1012号 サーキットのお話

BOZZ SPEEDが発行するメルマガ
 「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

「ボズレター2014-1012号 BOZZ LETTER Ver.2014-1012

発行日:2014.10.12.

ボズレター2014-1012

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2014年10月12日号
ウエブサイト https://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃目次
┃◎サーキットのお話
┃◎編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なんか、台風ドカドカ来てますね。

ひどいことにならなければいいのだけど…
ちょっと心配です。

本当に気をつけてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎サーキットのお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、今回のお題ですが、
サーキットに関してお話していきたいと思います。

サーキットは、当たり前の話ですが、
レースをする場所ですね。

しかしもちろん、それだけではなく、
車両のテスト、色々なイベント、取材などにも使われます。
スピード制限がなく、
一般道よりもはるかに安全なサーキットは、
クルマの限界をチェックするにはもってこいの場所なのですね。

そして、私達に馴染みの深い走行会も、
このサーキットで行われることが多いです。
雑誌やビデオ(今はDVDですね、ジジイでごめんよ)に
よく登場するサーキットを、
自分の車で走って楽しもうというものです。

この走行会、一度でも参加したことがある方なら
わかると思うのですが、
一言で言えばとても楽しい…これは当たり前のことです。
レースでも使うような道を、
自分の車で、自分の運転で走るわけですから。
まぁ、遊園地のゴーカートの
超アップグレード版みたいなものですね。
楽しくないわけがないのです。

しかし、自分なんかまだまだ…とか、
怖い人が多そう、とか、
車両がノーマルだから…と
気後れしている方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな方たちのために、
サーキット走行会のことを少し説明していきますね。

まず、走行会ですが、当たり前の話ですが、
これはレースではありません。
これがどういうことかというと…
早く走る人間が偉いなんてことは、
まるっきりないのです。

久田は良く、初めてサーキットを走る人に言います。
“コンビニにおにぎり買いに行くペースで走ってください”
そんなんでいいのか? と、
不安ですか? はい、全然いいのです。

もちろん、一笑懸命走りたい人もいますので、
ブンブン追い抜かれるかと思いますが、
速い人は勝手に抜いてくれます。
急に避けるとかのほうがよほど危ないのです。
後ろが詰まったなと思ったら、
ブレーキを踏まずにコースのどちらかにじわっと寄れば大丈夫。

まぁ、イベントやコースによって、
どちら側によけてくださいとの指示がある場合もあります。
これはドライーバーズ・ミーティング、
略してドラミと呼ばれる朝の説明会の時に言われますので、
聞き逃さないでくださいね。
もちろん、聞き逃してしまったり、
忘れてしまったらもう一度オフィシャルに聞けば済むことです。

のんびりとコースに慣れながら、
ゆっくり走っているうちに少しずつ慣れていくはずです。
そうしたら、怖くないレベルで少しずつペースを上げてみましょう。
今まで、一般道では見れなかった景色が見れるかもしれませんよ。

次に、車両に関してですが、
これは完全ノーマルでも全く問題はありません。
何度も言いますが、レースではないのです。
ただし、完全ノーマルの場合、
何周もハイペースで走ると、
油温が上昇してしまったり、
ブレーキがフェードしてしまうこともあります。
DVDでは何周も全開で走ってますが…

あなたは壊したら自腹なんですからねっ!!

休み休み、一周踏んだら、
次の周回は休む、
くらいの気持ちでいてください。

そして、サーキット走行が楽しい、
もっと参加したい! と思ったら、
ブレーキパッドやフルードの交換、
オイルクーラーの装着などの
チューニングから入るのもいいですね。

ラップタイムが劇的に向上するチューニングではありませんが、
周回を重ねられるということは、
それだけ、あなたがどんどん上手くなってしまう
ということでもあります。
結果的にタイムはどんどん詰まっていくでしょう。

ゆっくり走ってもいいことは分かった、
チューニングも特別しなくても参加はできるということも分かった。
では、次にどんなイベントに参加したらいいかを考えてみましょう。

サーキットのウェブサイトを見たり、
レブスピードを開いてみたりすると、
イベントがたくさん紹介されています。
でも、その中には上級者向けのものもありますし、
ガチンコのレース形式のものもあるのです。
サーキット初心者が参加するには少しハードルが高いですね。

このレベルの判断ですが、
主催者に直接問い合わせてもいいのですが…
一番いいのは行きつけの店のオヤジに聞いてください。
チューニングショップであれば、
その手のイベントには必ず参加しているはずですし、
主催者とも親しいかもしれません。
必ず、いいアドバイスを貰えるはずです。

これは久田個人の意見ですが…
正直、かなりひどいイベントも有ります。
オフィシャルが殆どおらず、
何かトラブルや問題があっても、
何のフォローもないイベントも見たこともあります。
初めて参加したイベントがこんな有り様では…
サーキットが嫌いになってしまいますね。

はい、イベントも選びました。
いよいよ参加です。

必要な持ち物は、
イベントのエントリー用紙に書いてあるはずですが…

まず、当たり前のものとして、
ガムテープ、ビニールテープ。
これはゼッケンを貼ったり、
ライトのテーピングをするためのものですね。
その他、バッテリーターミナルの固定などを
指示された場合などにも使います。

そしてヘルメットとグローブ。
ヘルメットはなんでもいいですが、
基本、半キャップはダメです。
ジェットやフルフェイスを用意しましょう。
バイク用でもちろん大丈夫です。
4輪用もありますが、とても高価です。
エキスパートになってからゆっくり考えましょうね。

次に長袖長ズボン。
ジャージとトレーナーのような動きやすいものでもいいですし、
布ツナギでもいいです。
個人的には襟のあるものがお勧めですね。
なぜって…万が一の際にシートベルトが擦れて
首筋を傷つける場合も考えられるからです。

はい、此処から先は、久田の個人的なお勧めです。

まず、着替え。
サーキット走行は、思いの外汗をかきます。
濡れたシャツのまま、
走行後におしゃべりなどをしていると、
身体が冷えて風邪をひくこともありますよ?
どんどん着替えていきましょう。
ちなみに久田は換えのシャツを5~6枚くらい持っていきます。
だってひ弱で風邪ひきやすいんだもん。
同様に、汗を拭くタオルなどもあるといいですね。

次に椅子。
これは大事ですぞ。
走行後に落ち着いて座れる場所があるとないとでは大違い。
キャンプ用の折りたたみ椅子などがいいですねえ。
さらに落ち着きたい人は、
お菓子や飲み物を置く小さなテーブルなどを
持って行ってもいいと思います。
サーキットによっては置く場所がないところもありますが、
ほとんどのサーキットは大丈夫です。

あとはカメラ。
せっかく来たのだから、
記念の写真くらい撮りましょう。
さらに言うとね、
最近のデジカメは動画もかなり綺麗なんです。
きちんと固定できるホルダーがあるなら、
車載映像を撮れるかも。
でも、走行中に外れてしまうような安物はダメダメ。
かならず、きちんとしたものを購入し、
事前にテストをしておきましょう。

車両の準備は簡単でいいと思います。
オイル交換をして、
空気圧のチェック、
冷却水のチェック、
簡単な各部点検。
これで十分でしょう。

あ、余分な荷物はおろしておきましょうね。
現地でゴルフバッグ下ろすとか、ちょっとかっこ悪いかも…

はい、あとはイベントに備えて、
早めに寝て早い朝に備えましょうね。
徹夜で行く人も多いですが、結構疲れますよ?

また、イベント終了後。
無事にイベントが終わっても、
まだ気をゆるめてはいけません。
家に帰るまでが遠足ですぞ!!
あなたの身体も、クルマも疲れています。
安全なペースでゆっくり帰りましょう。
もし眠くなったら、仮眠すること!!
早く帰りたいのはわかりますが無理は禁物です。

どうでしたか?
楽しいイベントが味わえそうな気がしませんか?

サーキットは決して怖いところではありません。
むしろ一般道よりずっとずっと安全なのです。
でも、その安全は、みんなの心がけによって作られている
ということを忘れないで下さい。
ルールとマナーを守り、
周りの人の意見を聞き、
自分の車と命、
そして周りの人々の車と命を守ろうとする心が
生み出すものなのですね。

さあ!!

とりあえず久田に話を聞きに来てください。
アムクレイド最終戦、
11月9日の開催です。
場所は福島県エビスサーキット東コース。
1万5000円で、なんと3時間半も走れます!!
初めての方、初心者の方でも気楽に参加できるイベントですからね!

皆様のご参加をお待ちしております~~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、今回はかなり宣伝臭いメルマガでしたw
でも、本当に初めての人にはピッタリのイベントですよ。

怖くないから来てね。

今回のキーワードは

“アムクレイド参加します”

にします。

言わないと絶対にリキモリオイル10%オフにしないからね!!

それではまた次号で!

読者登録されている間、
新着記事をメールでお届け致します。
万一読者登録された覚えがない場合は、
お手数ですがinfo@bozz.co.jpまでご連絡ください。

BOZZ SPEED/ボズスピード
URL:https://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp