気軽に遊びに来てください!

2014-0622号 車高調整のお話

BOZZSPEEDが発行するメルマガ
 「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

「ボズレター2014-0622号 BOZZ LETTER Ver.2014-0622

発行日:2014.06.22.

ボズレター2014-0622

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2014年06月22日号
ウエブサイト https://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃目次
┃◎車高調整のお話
┃◎編集後記
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は少し涼しいボズスピードからお送ります!

これでね…明日がめっちゃ暑くなったりすると、
あぁ、久田はちゃんと前日から書いているんだなぁ…
と思ってもらえ…ないんだろうな、きっと;;

ともあれ、どんどん書きますね~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎車高調整のお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のネタは、車高調整に関してです。

え? 前に読んだじゃん!
などと言わないように。
これでもね、日々新しい読者様が増えているのです。
ネタがかぶっても泣かない!!
てか、あたらしいネタも入れるように頑張りますからねっ!

さて、ページ数も少ないですし(嘘つけ!!)、
どんどん飛ばして行きましょう。
ま‥・まぁ、メルマガですから…
本当はどんなに長くてもいいのですが。

皆さんは、車高調整式のサスペンションを購入する際に、
どんな点を重視して選んでいますか?
価格?
ブランド?
性能?
見た目…は、いないかな。
ちょっとマニアックな方ですと、
設定されているバネレート…
なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。

まず、このマニアックな
バネレートに関して説明しましょう。

全く同一の車種であるにもかかわらず、
サスペンションのメーカーによって、
設定されているバネレートには大きな隔たりがあることが多いです。
なぜこんなにレートの違いがあるのでしょう?

これは、まずサスペンションの性格が異なることが、
当たり前の理由です。
サーキット走行を前提としたサスペンションと、
ストリートを重視したサスペンションでは、
バネレートは当然大きく変わってきます。
当たり前の話ですが、
より、グリップの高いタイヤに対応させようとしている
サーキット用のサスペンションのほうが、
より硬いバネを使用しているといっていいです。

しかし、これはあくまでも性格の違いであり、
サーキット用のサスペンションのほうが良いサスペンション…ではないのです。
さらに言うと、速いサスペンションでもない…のです。
グリップの低いタイヤを使用した場合、
ストリート用のサスペンションのほうが
タイムが出てしまうことも普通にあることなのですね。
同様に、グリップの低い路面…例えばウエット路面などでは、
硬いバネを使用したサスペンションの方がタイムが劣ることもよくあることです。

また、同じストリート向けのサスペンションでも、
メーカーの考え方の違いによってバネレートは大きく変わります。
ダンパーとのマッチング、テストドライバーの好み、
メーカーの開発責任者の好み(ありがち)、
どんなコースをメインに走りこんでテストしたか…
等によって変わってくるのです。
そして、当然の話ですが、
硬いバネのサスペンションがいいサスペンション…ではないのです。

なぜ、こんな話をこんなにしつこくしているのかというと、
サスペンションを選ぶときに、
“ここのサスキットはバネが柔らかいからダメだ…”
的な話をする方がかなり多いからなのですね。

これでも、久田は個人的にはかなり硬いバネを好みます。
某、元同級生のプロドライバーとは、
このバネのことで何度もぶつかりました。
「こんな動かねえ足じゃ乗れねえ!!」
「うるせー、テメーが下手なんだ!」
くらいの勢いです。
この、硬いバネを好む久田でも、
時々ドン引きするくらいに硬いバネを好む方がいるのです。
いや…好むじゃないな。
望む…ですね。
たぶん、この方々は、
そこまで硬いバネに乗ったことはないのです。
でも、イメージ的に硬いバネ=いい足
という図式が出来上がっているのでしょう。
その結果、経験したこともないような硬さを
望んでいらっしゃるのだと思います。

余談ですが、
最近のメインドライバーである鈴木宏和氏の場合、
久田より2段階くらい硬いバネを好みます。
まぁ、あのくらいのレベルになると、
その硬いバネを楽々と乗りこなしてしまうのですが…

と、いうことで…
バネの硬さはサスペンションの良し悪しとは直接関係はない
ということを覚えておいてくださいね。
きちんとしたメーカーのサスであれば、
セッティングはちゃんととれているはずです。
少なくとも、ボズスピードで久田がオススメするサスであれば大丈夫です。

さて、次に、ちょっと怪しげなサスキットの話をしましょう。

ときどき、○○オリジナルサスキット…
という触れ込みで発売されているものがあります。
ショップのオリジナル品ですね。
これ…かなりのパーセンテージでインチキだと思ってください。

ベースになっているものが、
ビルズやアラゴスタのような、
ワンオフのセッティングを
きちんと行ってくれるようなメーカーのものなら信用できるのですが…
(ショップオリジナルのセッティングが素晴らしいかどうかは別問題です)
非分解のダンパーをベースにしたものの場合、
かなり怪しさが増します。

なぜなら…ダンパーというものは、
そんなに小ロットで作れるものじゃないのです。
久田がずっと昔に、
某ダンパーメーカーに製作を依頼していた時、
最小ロットは100本だったのです。
車両25台分ですね。
必ずしも、全てのダンパーメーカーが同じ本数で受けているとは思いませんが、
似たような数字であるとは想像できます。
と、いうことは…
これらのショップオリジナル品はどこから来るのでしょう??

久田のパソコンの受信トレイにその秘密があると思います。

実は、毎日のように、
しゅうまいと水餃子の国からメールが来ます。
ばらまいているのでしょうねえ…
格安の車高調整サスキットあります、
というメールですね。
そのメールを開いてみると…
あ、どこかで見たようなサスキット…
はい、もうお分かりですね。
国産に比べると、かな~り、お安い金額で
1セットから買えるようです。
これを国産並みの金額で売ったらボロ儲けでしょう。

ただし、海外製品であっても、
優れた製品も存在します。
どれがどれだとはなかなか言いにくいのですが…
まぁ、詳しくはお店で。

自分で書いていて言うのもなんですが…
こんなこと言われたら、
もう怖くて何も買えないですよね。
結局、良い足とはどれなのか、
どれを買えば後悔しないのか…

ざっくりした答えで言うと…
現在久田が強くおすすめしているメーカーのもの。
HKS、ブリッツ、トラスト、アラゴスタ…
そしてBRZにも使用しているビルズですね。
まず、これらのメーカーのものなら間違いありません。
ちなみにデモカーのエボ9にはHKS、
エボⅩにはアラゴスタ、
スイフトにはトラスト、
個人所有のGT-Aにはブリッツのサスキットを装着しています。
ほんとうに良いものでなければお金を出して買いませんって…ね。

そしてこれらのメーカーのラインナップから、
あなたに最もふさわしいサスキットを久田が選びます。
使用するタイヤ、
走るコース、
好み、
家族構成、
もちろん技術レベルもですね。

後は納得するまで相談しましょう。
何時間でもお相手しますからね!!

ということで、少し漠然とした話になってしまいましたが、
良いサスキットの選び方をお伝えいたしました。
先日、ちょっとヤバゲなサスを欲しがった方がいらっしゃったので…
勢いで書いちゃいました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はい、もののついで…
というわけではありませんが、
サマーキャンペーンやります!!

8/31のアムクレイド走行会目指してぶっ飛ばしていきますよ!!

まずはじめは、車高調整の話もしたことだし…
サスキットの工賃、
取り付けアライメント込みで1万円ポッキリでやります!
詳しくはウェブでね!!
(ウェブの原稿…いい加減に書かなきゃいけないところまで自分で追い込んだぞw)

はぁはぁ…結局日曜日の6時40分…
昨日から書いてたのに、しくしく;;
まぁ、今週末もたくさんのお客様、
ご新規様が来てくれたんだから仕方ないですよね。

ありがたいことです。

先日、とあるお店で餃子を頂いたのですが…
これがまた、美味いのなんの…
すげーーでっかいのが8個だし。げふ。
どこのお店か知りたいですか?
ボズに来たら教えてあげますよ~~
一緒にいくのもOK!

(↓写真はこちら)
https://www.bozz.co.jp/bozzletter-back/3448/

ということで、今回のキーワードは

“餃子の店教えろ!”

にいたします。

例によってリキモリオイル10%オフです!!

それではまた次号で!!

読者登録されている間、
新着記事をメールでお届け致します。
万一読者登録された覚えがない場合は、
お手数ですがinfo@bozz.co.jpまでご連絡ください。

BOZZ SPEED/ボズスピード
URL:https://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp