気軽に遊びに来てください!

2021-0411号 熱対策のお話

BOZZ SPEEDが発行するメルマガ
 「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

ボズレター2021-0411号 BOZZ LETTER Ver.2021-0411

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2021年04月11日号
ウエブサイト https://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんばんは!

今日は思いっきり早出して、朝イチからEVCのリセッティング。
とっても楽しいVABのプラグ交換。
ブレーキフルードの交換と、タイヤの引取、
タービン交換後の点検一式と、S川さんの下ネタのお付き合い…と、
盛り沢山なメニューを過ごさせていただいております。
その間に電話などのお問い合わせもあり、充実した日曜日です。
さて、気合い入れてメルマガ書きましょう!
と、言ってる今は15時…くくく…あと残るはCE9AのA井さんと、
VABのT中さんの納車だけ。
多分今日は余裕ぶちかましで定時に終わるぜっ!

相変わらずのプチコロナネタですが…
先週の金曜日、夜の21時位に都内をクルマで少し走ったのですが…
ものすごい人出でした。
緊急事態宣言終了後の金曜日ということもあってか、
駅前には人が溢れんばかりに…
そして、当然いる大声で叫ぶノーマスク酔っぱらい…
他の国の民度がどうこうなんて言えませんね。
変異型の増加と、その感染力の強さを考えると、
まだしばらくは感染者も増えていくのではないでしょうか。
変な日本語ですが、頑張って我慢していきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎熱対策のお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて…今回のネタは熱対策のお話です。

ボズスピードのお客様に多いスバル系のクルマの場合、
色々と熱対策が必要になる事があります。
まず、ありがちなこととしては、キャタライザーの交換をした場合です。
ノーマルの触媒は、当然のことながらしっかりとした
(古くなると腐ってることもよくあります)
遮熱板が取り付けてあるのですが…
これがまた、整備性がよろしくない。
そこで、遮熱板取り付けるのもメンドクサイし、結構ボロボロに腐ってるし、
もう付けなくていいやぁ、
キャタライザーもよく見えるようになってかっこいいぜえ!
とかやってしまうと…はい、大変です。

右のフロントドライブシャフトのブーツがあっという間に熱でやられて破けます。
さらには、クラッチラインもガンガン熱せられてしまい、
場合によってはエアを噛んでしまってクラッチが切れなくなります。
大だめなチューニングの例ですね。

そこで久田は、キャタライザーをバンテージでガッツリ巻いてしまうことが多いです。
HKSさんのキャタライザーのように、
独自のヒートプレートがしっかりついてくる場合は、ケースバイケースですね。
しかし、どちらにせよ、タービン直後の部分は必ずバンテージを巻きます。
キャタライザーをバンテージで巻いてしまうと寿命が短くなる…
という話があると聞きますが、いまのところ、
ウチの店でキャタライザーを買い直した人はいないはずです。
また、キャタライザーの寿命云々も大事ですが、
それ以上にクラッチが切れなくなったり、配線を熱で駄目にしたり、
ブーツが破けてシャフトそのものを駄目にするほうがダメージ大きいと思うのですが…
同時に、キャタ交換の場合はマスターバック、クラッチラインも必ず熱対策を施します。
地味な作業ですがとても大切なことです。
キャタライザーを抵抗の少ないものに交換すると、
露骨にエンジンの性能がアップします。
しかし、その性能向上の裏で、
じんわりと他の部分にダメージを与えてしまうこともあるのです。
(純正の遮熱板を、純正と同じように取り付けるなら問題ありません)

スバルの場合、エキマニの交換も人気のあるチューニングです。
純正が不等長の場合は、
等長のエキマニに交換することでびっくりするほど排気音の音質が変わります。
それが好みかどうかは人によりますが…
また、リフトアップしたクルマを下から見ると…
エキマニがうねっているところはカッコいいですよねえ。
え? わざわざリフトアップしてエンジン見ない?
挙げ句にアンダーカバーついてて見えねーだろ?
そういう問題ではありません。
心の目で見て満足するのです。
女性の下着と一緒…って、嘘ですごめんなさい。

ともあれ、エキマニの交換は色々楽しいのですが…
このエキマニの前にはラジエターがあるし、
エキマニの中央にはオイルパンがあるし、
その横にはオイルエレメントがあるし…
下手すりゃオイルクーラーの配管が通ってるし…
はい、これまたバンテージしっかり巻くしか無いですね。
そして、配線や、オイルパン、オイルクーラーの配管などには、
熱対策をガッツリ行います。
時間工賃がどうこうとか、対費用効果がどうこうとか、
そういう問題じゃねーんですよ。
やりたいからやる。
そして、お客様の車両が、数年後になんの問題も出ていないことに一人ほくそ笑むのです。
ザマァ見ろこのやろう。

このバンテージですが、巻くのはとっても面倒です。
キャタライザーや、マフラーのような
ストレートな形状のものなら比較的巻きやすいのですが…
うねるエキマニとかね、もう、めちゃくちゃ面倒。
でも、きれいに巻けたときの満足感は…最高です。

また、ボズスピードでは、バンテージはデザインエンジニアリング社の、
タイタニウム・ラップというものしか使いません。
50ミリ幅で一巻き1万円と値段は張るのですが…耐久性は圧倒的です。
エキマニのメーカーによっては、購入すると
サービスでバンテージを同梱してくれている親切なメーカーさんもあるのですが…
そのサービス品はポイしてしまって、
タイタニウム・ラップ巻いちゃいます。
そのくらいいいのです。

もちろん、スバルだけではありません、
エボのフロントパイプにも効果的ですし、
どんな車種でも、排気系にしっかりバンテージを巻いてやること、
配線などを守ること、オイルクーラーの配管を守ること。
これらはとても大切なことですし、トラブルが間違いなく減ります。

この手の作業がね…久田は好きなのですよ。
大きなダンボールの上に靴を脱いで座って、
無心になってバンテージを巻いてる時間は楽しく、充実した時間です。
お客様が喜ぶかなとか思って、写メとか撮ってしまいます。
自己満足? はい、それでも結構です。
クルマ屋の自己満足がお客様のためになるならそれでいいじゃん。
というわけで、これからも巻き続けます。
実際にやってるときは、面倒だ面倒だと悪態ついているのですけどね…

さて、2つ目のネタですが…
って、はっと気づいたら、普段のメルマガよりも多く書いてしまった…
やっぱり好きな内容だから??
うーん、仕方ない…ポルシェと同じグリスと、
GRヤリスの話は次号に回すことにします。
決してヤリスの慣らしがまだ終わってなくて、
ろくに全開にしてないのが理由ではないです…
今日、タイヤとホイールも組んだし。

ということで、次号は、
ポルシェと同じバンドとグリス。GRヤリスのお話。
そして、いよいよアムクレイド走行会が開催されるというタイミングですので、
現場でできるサスのセッティングのお話をしたいと思います。

3時にメルマガ書き始めたのだけど…
結局ご新規様のチューニング相談などが入り…
終わったら19時回ってましたっ!
ありがたいことです!

それではまた次号で!!


BOZZ SPEED/ボズスピード
URL:https://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp