気軽に遊びに来てください!

2020-1011号 ボズスピードの近況的なお話

BOZZ SPEEDが発行するメルマガ
 「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

ボズレター2020-1011 BOZZ LETTER Ver.2020-1011

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED
/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2020
1011日号
ウエブサイト https://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんばんは!

涼しいどころか、寒いと感じる日が多くなりました。
今この原稿を書いているのは金曜日の午前中なのですが…
ストーブ炊いてます。
日曜日は台風直撃の恐れも…
このメルマガが発行されるときは大騒ぎかもしれませんね。
ひどいことにならないことを祈ります。

いつも代わり映えしないボズスピードですが…
実は地味に強まった部分があります。
みなさんがご来店の際に視界の隅にあるボズの看板…
あの看板の支柱の根本が腐っていたのです。
もちろん全部ではないのですが…
で、久田は台風のたびに、
“看板倒れてないだろうなぁ…”とドキドキしていたのですね。
その看板の根本、職人さんにガッチリ修理していただきました。
看板が倒れるとか縁起でもないし…
万一歩行者にあたったりしたら大変ですからね。
修理だけでなく、別の支柱と固定するなど、
新品状態よりもさらに強度を上げた仕様にしていただきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ボズスピードの近況的なお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どんなものでも、経年劣化は発生します。
そしてもちろん、これはクルマに関しても全く同じことが言えるのです。
最近、フューエルホースの交換の仕事が多いです。
外した後のホースを折り曲げてみると…ひび割れがひどい車両も多いですね。
ある日突然、劣化したホースから
ガソリンが吹き出すのは本当によくある話なのです。
定期的な交換を強くおすすめいたします。
また、ホース関係で言えば、
ラジエターホース、ブレーキホースも当然劣化します。
車両を購入してから一度も交換していないという方も多いことだと思います。
“ブレーキはペダルを踏めば効く”これは車両が正常な状態だからです。
急にブレーキが効かなくなることをイメージしてみてください…
そうなる前に交換ですね。

さて、先日A井さんという新規のお客様にご来店いただきました。
オイル交換をさせていただいたのですが…
ちょっとした豆知識をお伝えすることが好きな久田が…
「オイルって、多めと少なめどっちが良いかご存知ですか?」
と聞いたところ、ほぼ完璧な答えをスラスラと…う…つまんない人だなぁ;;
くっそぉ…
んじゃ、これはどうだ! と、
「ブレーキって、踏むと効きますよね?
 それは油圧でパッドがローターに押し付けられるのだから当然じゃないですか。
 では、ブレーキペダル離すとパッドってローターから離れますよね。
 それってなんで?」
という、ちとハイブローな質問をA井さんにぶつけてみたのです。
これを答えられる人はお客様としては100人いたら23人でしょうか。
もちろん、プロは除きます。
なんとA井さん、このクイズも正解…つまんない;;

すごい方もいるものです。
自動車関係のお仕事かと思いましたが、ぜんぜん違うとのこと。
感服いたしました。

これは久田がよく言うことですが、
お客様はクルマの知識、チューニングの知識を持つことは、
必須ではありません。
何も知らなくても大丈夫です。
ただ、その場合は、
こうなったらやばいのですぐに車を止めて久田に連絡してください…
ということだけ守ってくださればよいのです。
匂い、振動、音、そのほか、やばいときの症状をお伝えしますので。

しかし、A井さんのように深い知識を持つことは、
決して無駄にはなりません。
構造や原理を知ることによって、
よりクルマに優しい使い方ができるようになるかもしれませんし、
トラブルを未然に防ぐことができるかもしれません。
サーキットのラップタイムも向上するかもしれませんよ?

ただ、気をつけなければならないのは、
その知識が本当に正しいのかどうか…?です。
友人に聞いた、ネットに書いてあった、ユーチューブで観た…
あたりは半分くらい疑ったほうがいいかもしれません。
雑誌に書いてあった…これも時々あやしいです。
(これ読んでる雑誌社の皆さん、ごめんね、
 あなたの本のことじゃないです…多分ねっ!)
こういうことを書くとN山に
「いい歳ぶっこいて必要のない喧嘩を売るな!」
と怒られるのですが…

先日とあるネットの車両紹介記事で、
“コーナリング性能を向上させるために
 フロントのトルク伝達量を増やしてある”
という文章がありましたが…
それってさ、フロントにトルク増やせば
コーナリング性能上がるって意味ですよね?
それ本当?
意味も考えずにプレスリリースに書いてる文章丸写ししたとかじゃないかなぁ…

こんな文章を読んだお客様が、
「フロントのトルク伝達量を増やすとコーナリング速くなるんですね!」
と久田に聞いてくるものだから…軽く頭を抱えることになります。

ともあれ、どんなことも疑ってみましょう。
そして、答えが出ないことは久田に聞いてみてください。
もちろん、私も色々知らないことがたくさんあります。
一緒にその問題を考えてみましょう!
きっと楽しいと思いますよ。

先程入電したニュースがあります。
あの、スバル界の獣チン…もとい、重鎮、群馬のK原氏が、
病魔との戦いに勝利を収め、退院したとの事です。
あぁ、これでまたうるさくなr…じゃなくて、本当に良かったです!!!
まだまだ元気でいてもらわないとなぁ。
K
原氏の完全回復と、健康を心より祈ります。

次に、もう、ご存じの方も多いと思いますが、
ボズスピードの“前リフト”が新しくなりました。
皆さんのオイル交換などに頑張ってくれたオンボロリフト君ですが、
先日、ロック解除のレバーが根本からポッキリ折れてしまい…
まぁ、溶接してつないでしまえばその部分は直るのですが…
「僕はもうそろそろ限界だから、事故が起きる前に買い替えておくれよ」
という声が聞こえてしまったのです。
まだまだ頑張らなくては…だし、この際買うか! と、
新調いたしました。
新型リフトは、ワイドタイプの門型です。
今まで、車高の低い…てか、うちのお客様の95%くらいの車両は、
木っ端の上に一度載せて、それからリフトアップ…という手順でしたが、
今度のリフトは木っ端いらず!
M
宮さんのワイドボディGDBもかけるのも余裕!
リフト上でドア開けるときもぶつける心配激ヘリ!
挙げ句に門型なので、
前リフトでもミッションジャッキが使えるようになりました。
あぁ…買ってよかった;;
ともあれ、作業性は大幅に向上いたしました!
これからもバリバリ仕事します!

早くK出君来ないかな…

最後に…先日はじめてご来店いただいたGC8K牧さん。
GC
GDエンジンと6速ミッションという気合の入った仕様でご来店です。
メルマガを愛読してくださっているとのこと…ありがたいことです。
もう少し役に立つようなこと書かないとなぁ…
つーことで、K牧さんには、なんかネタ考えてもらいましょう!(人任せ)

さて、今週もなんとか事故なく終わりました。
また、水曜日からがんばります。
みなさんも、コロナと事故にはくれぐれも気をつけて!
もう少し頑張りましょうね!!

それではまた次号で!

 BOZZ SPEED/ボズスピード
URL
https://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp