気軽に遊びに来てください!

BOZZ SPEED/ボズスピード > WHAT'S NEW > 002 ジープごめんよ! リキモリ・ロングライフ5W−40嬉しかったんだね(泣)

002 ジープごめんよ! リキモリ・ロングライフ5W−40嬉しかったんだね(泣)

DSC05246

さて、ボズ・スーチャーBRZを借り出したときの後日談です。

久田「BRZ乗るとき、ジープうちに置いとくべ?
   オイル交換しといてやるか?」

N山「まじ? すごくうれしいんですけど」

箱根の温泉でのんびりくつろいでいると、久田からLINEが。ジープの下まわりの写真も付いています。

久田「あちこちオイルが滲んでるけど、とくに問題はないみたいよ」

とコメント。当然、ご存知の方が多いと思いますが、ボズでオイル交換すると、無料で下まわりの点検をやってくれます。ふだんジャッキアップして下からクルマを見る、なんてことはしないから、うれしい限り。

当然、ボズの定番オイル、リキモリ・ロングライフ5W-40を入れてくれました。

数日後、所用で遠出。ん? なんか回転低くね? 正確に言うと、こないだまでよりギアが1速高いところで走っているんです。

1996年型のこのジープ・チェロキー(XJ)のミッションは、ロックアップなし(たぶん)のふつうの4速AT。エンジンのレブリミットは5000rpmで、まあ、通常では2000rpmも回っていません。4速1250rpmで、車速70km/hくらいなので、街中を走っている限り、4速に入ることは稀。ほとんどが1〜3速で走っている感じでした。

ところが…。久田にオイル交換をしてもらって以降、街中でがんがん4速に入るんですね。気がつくと、1250〜1400rpmくらいで走ってる。よっぽど踏まない限り、1500rpmは回りません。まるで、トルクが増えた感じなんです。

N山、思わず久田に電話。

N山「あのオイルすごくね?
   なんか同じようなところを走って、
   いつもよりギアが1速高いんですけど」

久田「今まで、どんなオイル使ってたのよ?」

N山「知らん。入ってればいいか、ぐらいな」

久田「かわいそすぎる。泣いてたぞ、きっと。
   懺悔の意味も込めて、この記事のタイトルは
   ごめんねジープ、だな」

N山「わかった。書くよ、書く、書く」

あんまり宣伝臭いことは書きたくないけど、オイルでこんなに変わったことを実感したのは、30何年もクルマに乗っていて初めてのこと。まあ、アメ車の4リッター直6OHVガン鉄エンジンということもあって、オイルに気を遣うなんて今までしたことなかったから、余計にそう感じたのかも知れませんが、これはぜひみなさんにも知ってもらいたいと思い、あえて記事にした次第です。

ごめんよー(泣)

IMG_1803

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Twitter
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Share on GREE
LINEで送る