気軽に遊びに来てください!

BOZZ SPEED/ボズスピード > WHAT'S NEW > 003-車高調&タイヤ&ホイール組み込みでどうなったか?

003-車高調&タイヤ&ホイール組み込みでどうなったか?

やっと慣らしも終了しました。いい調子でガンガン走ってます。まずはじめに、驚くべきポイントの報告ですが…高速道路の燃費。14kmいきました! これって…スイスポでもちょっと難しいくらいの燃費です。それも渋滞含むですよ?? すげえ…さすが超ハイギアード。もっとも、このギア比じゃスポーツ走行は大変かなぁ。

さて、チューニングに関してですが、まず、タイヤとホイールを組みました! 言うまでもないRE11A+プロドライブの組み合わせです。サイズは…まだ内緒です。タイヤ幅が245であることだけはご報告。普通に入りますね。見た目は、う~ん、かっこいいです~16インチの時とは大違い。フロントが、わずかにはみ出して見えますが、これは想定内。理想的なインセットでした。

この状態でいよいよ試作の車高調整を組み込みます。BRZの場合、ダンパーのサイズが絶対的に稼げません。このままで、ハードな仕様を作成すると、ひどくライフの短いダンパーになることも考えられます。そこで…別タンク方式を採用いたしました。制作は某K氏です。「とにかく乗り心地のいいサスを作ってくれ!」とか、「データもなんにもないけど、このクルマ用のサス作って!」とかの無茶苦茶な注文にも、いつも笑顔で応えてくださる頼もしいサスペンション・スペシャリストです。いつか、久田はこのK氏に弟子入りする予定です…勝手に自分で決めてるだけですが…

この車高調整、見てるだけでプロの匂いがプンプンします。あぁ臭い…って、違うか…

アルミのケースも使っていませんし、全長調整でもありません。しかし、プリロードゼロの状態で組み込んでみると…おおお!! 理想の車高!! もちろん、ここからの微調整は可能です。しかし、すげえな…試作ですよ、これ。一発でよくこんな事ができるなぁ。

わずかにキャンバーを付けて、フロントタイヤも綺麗に収まりました。う~ん、ますますかっこいい。綺麗にツライチです。もっとも、走ってダメならどんなにかっこよくてもダメなんですけどね。

ダンパーの慣らしも兼ねて、ゆっくりゆっくりと走ってみます。路面からのインフォメーションがすごいです。タイヤが今どんな状態で路面と接しているのか、手に取るようにわかります。ノーマルブッシュでこれじゃ、コンプライアンスチューンを施したらどうなってしまうのでしょうねえ。

でも、不満がないわけではありません。コーナリング時の特性、トラクションの両面でLSDが欲しくなって来ました。てか、LSDなしのFRはきつすぎます。もちろん、用意してあります。今回のレポートは、サスとタイヤ、ホイールだけを組んだらどうなるかが見たかったのもありましたので、いまだに組んでおりませんが…パーツ置き場に鎮座しています。OS技研のスーパーロックデフです。ボズスピードでは今まで、クスコ製のLSDをメインに。そして、一部の特別な理由のあるお客様にはATS製をお薦めしてまいりました。いまでも、クスコ製のLSDに対する信頼はまるで揺らいでおりません。しかし、新たな可能性を探るために、今回OS技研様のものを使用してみることにいたします。

どのような結果が出るかはまだわかりませんが…頑張ってみたいと思います。ツー事で…、やっと本格的に始まりました、BRZのチューニング。これから何をして、どんな結果が出るのか、楽しみにしていてくださいね。ではまた!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Twitter
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Share on GREE
LINEで送る