気軽に遊びに来てください!

BOZZ SPEED/ボズスピード > BOZZが選んだプロフェッショナル > Reason for selection ①BRIDGESTONE

Reason for selection ①BRIDGESTONE

大いなる安心感
ブリヂストンタイヤ

 ボズスピードのデモカーは全車ブリヂストンタイヤを装着しております。それはなぜなのかをご説明しましょう。

 日本には、他にも素晴らしいタイヤメーカーがあります。世界を見回してみたら、さらに多くのメーカーがあります。特に近年、アジア圏の多くのタイヤが輸入され、ポピュラーな存在になりつつあると思います。

 デモカーをテストする、あるいはテストされる場合、多くの場合はサーキットでの走行になります。加えて、タイムを計られることが多いですね。これは確かに、タイヤのひとつの性能のバロメーターです。特にSタイヤ、スポーティなタイヤにとっては、欠くべからざる性能の一つです。

 しかし、それだけではタイヤの善し悪しは語ることができません。まず、スポーティなラジアルタイヤに関してですが…タイヤのグリップを考えた場合、路面に接地している面積は広いほうが一般的に有利です。みなさんが普通に考える、“太いほうが食うでしょ”という考えですね。これはほぼ正解と見ていいということです。

 ただ、それだけでは接地面積は決まりません。シーランド比、あるいはシー/ランド比という言葉をご存知でしょうか? これは、タイヤのトレッド面において溝が、どのくらいの割合で存在するかというものを表します。極端な例が、レースに使うスリックタイヤですね。あれは溝がありません。100%ランドということになります。

 雨のレースでスリックタイヤが使われないのは、もうご存知のことだと思います。溝のあるレインタイヤを使いますね。理由は簡単、スリックでは雨を戦えないのです。

 一般的なタイヤの場合、メインの使用目的はストリートということになります。どんなにサーキット走行が好きだ…とおっしゃる方でも、おそらくメインはストリートでしょう。何が言いたいのかというと…ラジアルでその溝の少なさ、大丈夫ですか? ということです。海外のメーカーには、シーランド比を無視したようなストリートタイヤがいくつか存在します。サーキットだけで使うならいいのですが、それでストリート…さらに雨の日も…これは無謀以外のなにものでもないです。

 また、ウエット性能はシーランド比だけでは決まりません。コンパウンドの特性、骨格の特性、パターンの優劣。その他いろいろですね。これらがトータルで影響しあって、ウエットとドライの性能が決まるのです。

 前置きが長くなりました。ブリヂストンタイヤ。これは雨でも安心して使うことのできるタイヤです。さらに、摩耗に対しても良好な結果が出ています。サーキットではグリップするが、あっという間に磨り減ってしまうということがないのです。そのほか、一度サーキットでタイヤの温度を上げ、そのタイヤを別の日に持っていくと、同じタイムが出せないという一発勝負的なタイヤも存在します。しかし、ブリヂストンは、そのタイム低下がとても少ないのです。

 ウエットに強く、耐摩耗性に優れ、長期にわたって、性能を維持しやすい。そう。サンデーレーサーの方々にピッタリのタイヤなのです。これが、我々がブリヂストンを選ぶ理由です。Sタイヤに関しても同様です。ウエットにも強く、摩耗性にも優れるという特性はラジアルと同様ですね。

 一部の輸入タイヤに比べると高価かもしれません。しかし、その代わりに、絶対的な安心感が得られるのです。

 これからもボズスピードはブリヂストンタイヤをお勧めしていきたいと思います。大いなる安心感。私たちと共有してみませんか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Twitter
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Share on GREE
LINEで送る