気軽に遊びに来てください!

BOZZ SPEED/ボズスピード > ボズエボ! > 003-新エンジンシェイクダウン!です

003-新エンジンシェイクダウン!です

 4月17日に行われたスピードスプラッシュさんの走行会でエボ9の新エンジンのシェイクダウンです。久田自身も久しぶりの筑波です。なんか、ちょっと緊張。珍しいんですけどね。

 ピットロードに整列して、エンジンとクラッチのウォームアップ。こんな時こそ、落ち着かないといけません。シートベルトの腰ベルトの取り付けを指先でチェックします。捻じれてないかな…うん、大丈夫。その時なぜかトランクがパカッと…みんなが真剣になってる時に笑いとってどうする!! うーん、おいしかった…オフィシャルの方も(呆れて)笑いながら閉めて下さいました。

 コースインして、フィーリングをチェックしながら数周します。油温と水温計は常にチェックです。ブレーキも新品ですから、アタリも付けないとね。十分に温まったところで軽く踏んでいきます。うぉおお! はやっ!! 裏ストレートの伸びがとても良くなりました。200メーター看板手前で5速に入ります。50メーター看板でいつものようにフルブレーキング…あれれ…安定しない。ああああ! ラジアルのテストの時にスプリング柔らかくしたままだったの忘れてた!! まぁ、これはこれで乗りやすいからいいか…

 1コーナーも、1ヘアも問題ありません。ダンロップをサッと抜けて…オラァ!! と、全開のままダンロップ先の左コーナーを攻めます。あ…ちょっち怖い…上がったパワーに体と腕が付いて行きませんwww 本能が右足を戻しちゃった;;

 いかにもテスト中っぽく、このあたりでピットに入ります。エア圧チェック。当然下げます。1.8にあわせて再度コースイン。コースをしっかり見て、オイルが出ていないことをチェックしながら最終コーナーから踏んでいきます。なるべくミスが出ないようにすべてのコーナーをコンパクトにまとめて、立ち上がり重視で行きます。さぁ、ダンロップ先です、気合で本能を抑えこんで右足に力を…あ、戻ってますね。本能のバカ;;

 あとは手堅くまとめて、とりあえずコントロールラインを抜けます。水温、油温、油圧、すべて正常です。冷やしながら戻ってくると、コントロールラインのタワーの一番上に8の文字が。久田のゼッケンです。一応1ヒート目はトップだったみたい…

 あとでタイムを見て、本能を呪いまくったのは言うまでもありません。3秒って何、3秒って…しくしく;; まぁ、足慣らしだしい…、久田も久しぶりだしぃ…言い訳魔王と化して2本目を待ちます。ここで、軽いトラブル発見!! あーー、よかったーー! 今出てくれて。プレミアムディで出たら大事だったァ!! これだからテストって大事。サクサク店に戻って直します。たく…240円の部品で車って壊れますからねえ。

 ともあれ、無事にシェイクダウンは出来ました。問題もすでにクリアしました。プレミアムディのあとに、また自分のドライブで筑波を走りたいですね。久田の過去ベスト、0秒003を何とかして塗り替えたいものです。さて、まだまだやることは山積みです。頑張りますからね~

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Twitter
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Share on GREE
LINEで送る