気軽に遊びに来てください!

BOZZ SPEED/ボズスピード > BOZZレターバックナンバー > 2017-0624号 ロールバーのお話

2017-0624号 ロールバーのお話

BOZZ SPEEDが発行するメルマガ
「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

「ボズレター2017-0624号 BOZZ LETTER Ver.2017-0624
ボズレター2017-0624
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2017年06月24日号
ウエブサイト http://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃目次
┃◎ロールバーのお話
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

梅雨だと言うのにろくに雨が振りませんね。
まぁ、EVCのセッティングなどをしているときに雨は天敵ですから、
久田にとってはありがたいことなのですが…
夏本番の水不足が心配です。
もうちょっと湿り気がほしいですね。
湿り気は久田のライフワークにも通じるものですし…
って、久田のライフワークはこっちにおいておいて
クルマの話でもしますか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ロールバーのお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、日々の出来事で、ちょっと驚いたことと言えば…
とある車両のプラグ交換をしましたが、
6本、全部締まってませんでした!
2本外したあたりで、
“うわぁ、これ多分締めるの忘れてる!”
と思って、たまたま作業を見学されていたオーナーさんに、
3本めを緩めてもらうと…
「締まってません!」とのこと。
結局6本とも締まってなかったのです。
プラグをよく見てみると、
ガスケットがどれも潰れていません。
仮締めして、そのままイグナイター着けちゃったんでしょうね。
少し前に、プラグの締め忘れで
シリンダーヘッドOHになってしまった方もいます。
ご自分で作業をするのもいいのですが、
最後まで気を抜かないでくださいね。
もちろん締め過ぎもダメです。

この車両…なかなか手強かったです。
プラグ以外にも、
ありとあらゆるところのボルトが入っていない。
サイズ違いのボルトがたくさん入ってる。
マフラーのガスケットが入っていない
(外側からマフラーパテでぬりぬりしてありましたがw)
配線でたらめ、メーター固定に至っては養生テープ!
もちろん、全部直しましたが…
プライベート作業はもちろん楽しいことですが、
やるなら頑張りましょう。
頑張れないならやらないほうがいいですね…
あ、オーナーさんの名誉のために申しますと、
プライベート作業をしたのは彼ではなく、
前オーナーらしいですが…

日々の出来事をもうひとつ…
先日、必死で作業しているときに電話が鳴りました。
「リキモリオイル入れてみたいんですが、作業は可能ですか?」
という電話です。
もちろん可能です!
車種はなんですか?
と聞いたところ…
「ホンダのPCXです」
ぴーすーえっくす・・・えっと・・・・
なんかちっこいSUVみたいなやつだっけ??
違うじゃん! それバイクでしょ!!
どうやら、リキモリさんのウェブサイトから
うちの電話番号を見てお電話くださったようです。
それからリキモリの社長に電話しーの、
近所のバイク屋さん紹介してもらいーの、
お客様に電話しーので、
なんとか紹介はきちんとできました。
めでたしめでたし。
と、その直後に今度はBMWに入れてみたいとの電話が!
またバイクかぁ!! 鞍替えしようかしら…

さて、今回のネタのひとつめは、
ロールバーに関してです。
ロールバーは何のために存在するのかというと…
簡単です。
クルマがひっくり返ったときの乗員保護ですね。
久田はまだ1回しかひっくり返ったことがありませんが
(1回やりゃ十分だっ!)
その車両もロールバーがキチンと入っていたので、
怪我はしなくて済みました。
もう、30年以上も前の話です。
ちなみに、ひっくり返った73ランサー
(知らないよね)を起こしてくれたのは、
現在、アウディのインストラクターであり、
カーオブザイヤー選考委員(ぷぷぷ…)の斎藤聡氏です。
彼が20歳。久田が21歳の頃だったと思います。
左コーナでひっくり返ったので、
右側のボディ側面がボコボコになりましたが、
親切な斎藤氏は、その反対側から起こしてくれました。
左サイドもボコボコです。
少しは考えろよっ!

早朝の川越街道を
屋根が潰れてカウンタックのようになったランサーで走る久田。
ワイパーを起こして動かしてみたら、
エレキングのようでカッコいいと大笑いしてました。
徹夜&クラッシュハイというやつですね。
どんだけバカだったんだよ。
まぁ、今でもバカですが…

と、まぁ、このように、
運が良くてロールバーも入っていると、
クラッシュしても怪我をしなくて済む可能性がぐんと高まります。
サーキット走行の機会の多い方は
検討してみるのもいいと思いますよ?

さて、ここからが本当の本題。

このロールバーですが、
巷では
“ロールバー入れてボディ剛性をあげて…”
などという言葉も耳にしますが…
ロールバーを入れただけでボディ剛性なんか上がりませんから。
あくまでも乗員保護がメインの役目だと考えたほうがいいです。
とくに、市販のロールバーをそのまま組んだだけでは
まず剛性面でのメリットはないと思ってください。

でもね…これもやり方一つなのです。
ロールバーを入れることによって、
ボディの剛性を上げることも実は可能なのです。
無論、やり方によるのですが…
この例を、近いうちに
久田のニューマシンで実践してみたいと思います。
かなり手の込んだロールバーになると思いますが…
まぁ、年内、なるべくなら、
今年のアムクレイド最終戦までには完成させたいと思います。

そして関連してもう一つのネタですが…
ボディ補強が終了した車両が一台入庫しております。
来週には納車してしまうのですが、
写真はガッツリ撮ってありますので、
ボディの補強をするときにどんなことをするのか、
それを行うとどんなメリットがあるのかを
詳しくご説明できると思います。
もちろんわかると思いますが、
市販のなんたら補強バーをつけました…
というレベルではありません。
ボックス構造にして…当て板をして…スポット溶接をして…
パイプ材を溶接ではめ込んで、ああして、こうしたという話です。
また、この車両は同時にブッシュ類も
可能な限り新品に交換いたしました。
驚くほどハンドリングに変化が出ると思います。
オーナーさんの喜ぶ顔が楽しみです。

本当はね、
久田のニューマシンにも同じことをしたいのですが、
予算が…久田のお小遣いでは限界ありすぎ!
乞うスポンサー! ま、いつかできるでしょう。
じっくりと仕上げたいと思います。
どーせね、デモカーじゃないし。
まぁ、デモカーじゃないから
お小遣いでやらなきゃいけないのですけどね!

あぁ、暑くてネタが思いつかん!
なんか、メルマガのネタ募集!!

ということでまた再来週です!!

BOZZ SPEED/ボズスピード
URL:http://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Twitter
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Share on GREE
LINEで送る