気軽に遊びに来てください!

BOZZ SPEED/ボズスピード > BOZZレターバックナンバー > 2016-0626号 ボディ補強のお話

2016-0626号 ボディ補強のお話

BOZZ SPEEDが発行するメルマガ
「BOZZレター」の新着記事をお届けします。

「ボズレター2016-0626号 BOZZ LETTER Ver.2016-0626
ボズレター2016-0626
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランエボとインプレッサのチューニングとトラブル解決なら!
もちろん軽自動車もハチロクもスポーツならなんでもおまかせ!
BOZZSPEED/ボズスピードのメールマガジン=ボズレター
2016年06月26日号
ウエブサイト http://www.bozz.co.jp/
お問い合わせ info@bozz.co.jp または 048-952-8586

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃目次
┃◎ボディ補強のお話
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

梅雨時は嫌ですね…
クルマは汚れるし、
セッティングにでても危ないし…
もちろん、
全開時のセッティングなんか
危ない以前に無理だし…

でも、この梅雨が終わると
目一杯暑くなるんだろうなぁ。

炎天下の昼間、
上野あたりの立ち飲み屋で飲む
ビールの美味しさは格別ですが…
仕事はやっぱり嫌…
一年中春か秋ならいいのに。

まぁ、そんなことも言ってられないので
夏でも頑張りますけどね!!

あ! 梅雨は嫌だと言いながら…
浅草の某食堂の二階で、
雨の日に窓際の席に陣取って
外を眺めながら飲むビールもいいな…
これがまた、
風情があっていいのよ。

まてよ…くそさむい日に、
温かい新宿の某カフェで
革ジャンを脱いで楽しむワインとソーセージも…
って、結局飲めりゃいつでもいいのか!!
うーん、飲み心は季節を超越しますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ボディ補強のお話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、お酒と全く関係のない
クルマの話行きます!

最近ボディやさんとお話していて、
2つほど新しいお客様へ出来る提案が
出来上がりましたのでその報告です。

まず、ひとつはボディ補強に関して。
ラリー畑が長かった久田は、
ボディの補強や補修は
避けては通れないことでした。
1回ジャンプしただけで
ボディが破けちゃうこともあったのです…
変形とかじゃないですよ?
思い切り破ける。
クルマにとっては最悪ですが、
そういう競技なのだもの…

そこですぐに頭に浮かぶのがボディ補強ですが、
これがまたクセモノなのです。
一箇所を補強すると、
その近くが壊れ、
そこも補強すると、
またその次…
という追いかけっこになり、
最終的にはフルボディ補強の
めっちゃ重たいボディになってしまうというわけです。
車両的には軽いほうがもちろん有利。
でもボディの破損も困る…悩ましいですね。

これが、全日本クラスの車両であれば、
毎シーズンボディを交換してもおかしくないですし、
メンテナンスの費用も、頭数も、
かなり余裕があると思います。
しかし、プライベートで
地区戦にでているような人間であれば、
数年は同じボディを使わざるを得ない…
でも、ボディが破けるのは困る…
堂々巡りですね。

ストラットバーを入れたことのある方なら
わかると思いますが、
ボディの剛性の変化は
ハンドリングに著しい変化をもたらします。
ならば、ボディ補強をひとつのチューニングとして
考えることも出来るわけです。
(もちろん悪い方に行くこともあります)

そこで当時の久田の出した結論ですが…
ボディの補強は最小限度にして、
さらに当て板を使う場合は、
大きな力がかかった場合には
剥がれる程度の溶接しかしない。
重量の増加はなるべく抑える…
というものでした。
乱暴な例で言うと、
ノーマルボディが5の力で壊れてしまうなら、
7くらいまでは耐えられるように、
でも10の力が入った時には壊れても仕方ない。
こんな感じですね。

この考え方は、
ボズが今まで作ってきた
デモカーの一部にも使われています。
CP9Aや、GDBがそれです。
久田は今まで、
お客様にボディ補強をオススメすることは
ありませんでした。
良い結果が出ることに自信はありましたが、
費用的にかかりすぎる…
具体的に効果が見えにくい…
ことがその理由です。

しかし、最近、CP、CT、GDBあたりの車両で、
アライメントが取りきれないクルマに
何台かぶつかりました。
ボディが変形してしまっているのですね。
また、取れないことはないものの、
かなり無理をし無ければならないクルマも…

そこで、ボディ屋さんと相談を重ねた結果、
比較的安価で、
目に見える効果のあるメニューを
提案出来る事になりました。

サスペンション取り付け部付近の補強と、
フレームの採寸(実測値の報告)、
アライメント調整のすべてを込みにして
○○万円ちょうどのメニューです。
○○じゃわからない!
と当然言われるでしょうが…
それは久田に直接聞いてください。
今ここで言えるのは、
車高調整を買うよりは安い…ということです。
決してリアリティのない金額ではないと思います。
お気軽に相談してくださいね。
もちろん、ボディ補強は採寸の後に行います。
その段階で著しいボディの歪みが発見された場合は、
まずそちらの相談を行うことになります。

ボディ繋がりでもう一つ言うと…

フェンダーの爪折りは
今までもボズで対応してまいりましたが、
今後、更に激しいサイズのホイールを好むお客様のために、
フェンダーの爪を切る加工を承れるようになりました。
爪折りに比べて、
若干工賃は高くなってしまいますが、
塗装が割れることが殆ど無いうえに、
さらにクリアランスに余裕ができます。
車検も問題ありません。
タイヤとフェンダーの
クリアランスに悩んでいらっしゃる方は、
一度久田に相談してみてくださいね。

なんて話を書いていたら…
Wさんからボルクの新作、
CE28SLのオーダーが入りました!
攻め攻めのインセットにしたいとのこと…
さっそくフェンダー加工の提案をさせていただきました。
真夏頃には…
オニツラのCEを履いたエボを見ることが出来るでしょう。
ちなみに何度も書いておりますが、
ボズでは所有しているタイヤ、ホイールのセットを、
お客様の車両に試し履きしていただくサービスを
以前から行っております。
もちろん、持っているものに限られてしまいますが…
お気軽にお問い合わせください!

昨夜は、関西から
はるばる2台で来店してくださったO野さんと、Mさんと
一緒に北千住。
2件目のHubでは、
同じテーブルに居合わせた
ベルギーの方1名を含む4人組さんと意気投合。
思い切り弾けさせていただきました。
Mさんと、そのグループの方1名さんが
お誕生日だったのです。
楽しかったなぁ。

それにしても、
わざわざ関西からマフラー買いに来てくださるなんて…
ありがたいことです。
おまけに来月キャタライザーを買いに来るとのこと。
チューニングしに来てるのか、
飲みに来てるのかわかりませんが…
皆さんもご一緒しませんか?
久田は誰とでも飲みに行きますよー!
(良い奴ならな…)

それではまた次号で!
いつもありがとうございます!

BOZZ SPEED/ボズスピード
URL:http://www.bozz.co.jp
メール:info@bozz.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Twitter
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook
Share on LinkedIn
Share on GREE
LINEで送る